フリーライター関目いちこ、アレコレ語る。

パニック障害もちのフリーライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

過労で倒れてパニック障害発症!私がやってきた健康法とは?

 

f:id:sekimeitiko:20200409133737j:plain

瞑想はむつかしい…

すでにパニック障害は慢性化しておりますが、ちょっとずつ、それこそ亀の歩みのようにのろのろとは改善しています。

 

私がパニック障害になったのは、過労による体力と気力の低下、うつ状態が続いたことが原因のようでした。ですから仕事を辞めてしばらくは自宅療養を余儀なくされたのですが、そこから何とか健康体に戻るため、やってきた色々な方法を紹介します。

 

パニック障害でも鬱病でも不安症でも、そして自律神経失調症でも過労でも、健康な心身とは言えないわけですよね。健康な心身を作ることができれば、病気は遠ざかるはずなのです。

 

現在何らかの病気をして苦しんでいる方や、ちょっと体力が落ち気味という方、ぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

 

*実践してきた健康法は5つ!

f:id:sekimeitiko:20200413154414p:plain過労で倒れ、パニック障害と鬱病を併発し、文字通り24時間寝たきりとなりました。それこそ酷い時には2階の寝室に自力でいけず、体を起こせば酷いめまいと耳鳴りに悩まされ、食欲がなく、人と数分話すだけでも疲れてしまっていました。

 

友人がお見舞いにきてくれるでしょ?そんで、何とか5分ほど会話をするとしますよね。その後、5時間ほど気を失うみたいに眠っちゃってましたよ。

 

5分の会話に5時間の休息が必要…。当然、1日に予定は1つくらいしか入れられません。買い物に行くなら、その日は買い物だけ。市役所に行くなら、その日は市役所だけ。誰かに電話をするなら、その日は電話だけ。ママ友と話すなら、その日は5分間で1人とのみ。そんな状態です。

 

刺激という刺激に弱く、ちょっとした動作にもものすごく体力が必要だったのです。筋肉は落ちまくって自力で歩けないほどになってしまったしね。んで鬱でしょ。だけど体力がなさすぎて死ぬ元気もないのね。それは結果的には良かったんですが。

 

で、そんな私が家族のサポートもあって鬱から抜け出したとき、これは今までの人生で心身を粗末に扱ってきた罰なんだ、と思いました。これでは本当にいかんと強く思い、体を良くするために色々調べました。

 

いや、実際にはちょこっと「神よ、いるならいますぐ目の前に降りてこい。1回膝付き合わせて話をしよう」とも思いましたけどね。ちょこっとですよ、ちょこっと。

 

で、本を読み漁って、出来ることは何でもしようとしたわけです。

 

お陰様で2年後には家事や育児は普通にできるほどに回復しましたので、やってよかったと思います。だけど同時多発的にいろんなことをしたので、何がどう効いたのかはわかりません。だから全部紹介しますね。

  • 冷え取り
  • サプリ摂取
  • 瞑想
  • 筋トレ
  • ラジオ体操
  • 睡眠改善

 冷えとり

 冷え取り法ってご存じでしょうか?全く知らないって方はネット検索へGO!ヤフーでもグーグルでもいいですよ!すんません。

 

体が冷えることで起こるさまざまな不快症状を何とかしようとする方法です。ようは、体を内外両方からとにかく温めて、自己免疫を強化しようという健康法(私はそのように解釈しております)。

 

冷え取りには色々な種類があるのですが、簡単だからと実行したのは2つです。「白湯を飲む」と「靴下をはく」ですね。

 

1 日中、飲み物は白湯にしました。それまでは営業職だったこともあってブラックコーヒーが好物、アルコールと名がつくものは全部大好き、という人間だったのですが、朝起きてから眠るまで、とにかく白湯!という生活にしたのです。

 

f:id:sekimeitiko:20200413154824j:plain

 特に朝起きて最初の白湯は体に良いようです。消化力を高めて膀胱や泌尿器系を浄化、毒素排出の効果があると言われています。

 

最初は冷たくない水を飲むのに抵抗がありましたが、すぐ慣れますよ。今では朝、ぬるめのお湯を飲まないと何だかモヤモヤするまでになりました。胃が温まって、とても体が軽くなります。白湯を飲みだしてからしばらくして、酷かった便秘や肌荒れが改善されました。やはり、カフェインなどが入っていない水は内臓にも良いのでしょうね。

 

現在は晩酌もたまにしますし、日中はコーヒーや紅茶も飲みますが、朝だけは白湯にしています。

 

そして靴下ですね。とにかく靴下を大量にはく、という方法で、最初は足がギブスをはめたみたいになって笑えますよ。冷え取り法ではこれも毒素を輩出して身体を芯から温める方法としています。

 

靴下は5本指のものを、絹、綿、そして普通の形の靴下を、絹、綿の順番で4枚重ねて履くのですね。足元が温かいと本当に全身が温かく、私はこれを始めてから平熱が35.8分から36.6分まで上がりました。体…冷えてたんだろうなあ~。体温が35度台だと低体温症と呼ばれますよね。免疫力も下がり、乳がんなどにもなりやすくなる体温だそうです。

 

お風呂上りも、下着より先に靴下を履け!と言われます。まあ気になる方は先に下着をつけてくださいね…。パンツはかないで靴下履いてるのを家族に見つかると、見た目に滑稽ですし、すごーく恥ずかしいです、念のため。

 

私はこれら冷え取りの方法を、服部みれいさんという方の本で知りました。良かったら読んでみてくださいね。

・「あたらしい自分になる本」服部みれい 筑摩書房

 

サプリ摂取

 パニック障害で悩む方は、栄養不足が原因と書かれた文章を読んだことがあると思います。脳が栄養不足なのだ、とか、血流が悪い、とかですね。

 

なら栄養を足そう!

 

現代は戦時中ではありません。栄養は、サプリなどでいつでも気軽に摂取できる便利な時代です。私はそう思って、8年前から数々のサプリを飲んできました。個人的に凄く良かったな、と思えたのが、「エビオス」と「鉄分」です。

 

エビオスは妊婦さんなども飲める、子供でも飲める栄養サプリメントです。アサヒビールのアサヒが製造・販売しています。

 

我が家の子どもはこれを飲むようになって、いきなり身長が伸びました(まあこれは実際には関係ないかもしれませんが)。そして私は、疲れにくくなりましたね。鬱病のときって食欲がなくてとにかく食事をとらなくなりますので、体が飢餓状態だったのかもしれません。

鬱状態については、よろしければこちらもどうぞ。↓↓ 

www.sekimeme.info

酷かっためまいや耳鳴りも、耳鼻咽喉科の医者曰く「耳の中の筋肉が削げ落ちて痩せてる。それが原因だよ。ダイエットしてる?」でしたからね。ダイエッターがよくなる症状だったそうです。

 

鬱になったら痩せれるよ。何の努力しなくても。ただし、生きる気力はなくなりますし世の中が灰色になりますが。1ミリもおすすめはしませんが。

 

そして鉄分です。

 

月経がある女性は基本的には常に鉄分不足だそうですが、パニック障害は一説には鉄分足りないことが原因というものがあるのですね。んじゃ飲もか。そう思って、去年から飲みだしました。

 

この冬、一度もパニック発作がなかった!!!イエーイ!

 

「ざわざわする」とか「喉がしまってきた」といった予期不安の症状も、かなり少なかったです!これって鉄分のお陰!?と私は喜びの舞をしたほど。

 

f:id:sekimeitiko:20200413155055j:plain

ひゃっほーい!

 鉄分は医師からの処方が確実ですが、パニック障害患者は病院も苦手な場所ですよね。通販のDHCでも安く手に入りますので是非飲んでみてください。

 

瞑想

 これはストレス社会に生きる現代人は皆やるべき、と言われていますよね。社会的地位が高く、忙しい方は皆さんやっているとも。瞑想です、瞑想。

 

足を組み、全身から力を抜いて、頭の中を空っぽにします。そのまま15分。これで4時間熟睡したときのような効果が脳みそにはあるそうです。

 

ただし、めっちゃ難しい。瞑想じゃなくて頭は迷走。

 

私はいまだに「瞑想状態」にすぐに入れるようにはなっていません。まだごちゃごちゃと忙しい頭をクリアにするのに、四苦八苦しています。境地瞑想になるのが憧れ。

 

ちなみに私は、宝彩有菜さんという方の「始めよう。瞑想」という本を参考にやっております。わかりやすい言葉で、かなり細かく説明してくれていますよ。

 

・「始めよう。瞑想」 宝彩有菜 光文社知恵の森文庫

 

筋トレ

 これはぜひやってください。筋トレやストレッチは心身に良いことばかりです。

 

特にパニック障害など精神疾患をお持ちの方は、安心のために小さく丸まって「胎児の恰好」で眠る方が多いのですよね。私も調子がよくないときには、自分を守るためか安心できるからか胎児のようにくるりと丸まって寝ているようです(夫談)

 

f:id:sekimeitiko:20200413155345j:plain

そりゃこんな可愛くはないですが。

 これをするとね、腰痛が起きますやーね、体が硬い大人って…。

 

体のインナーマッスルが緩んでしまい、全身を支えている腰に負担が重くなるそうです。そのためには、朝晩はストレッチや筋トレをして、特に下半身の筋肉を鍛えましょう。

 

色々やってみました。ヨガの「犬のポーズ」や「腰痛対策のストレッチ」など。だけどやっぱり良かったのが、「スクワット」ですね。

 

下半身の大きい筋肉を鍛えることで、かなり全身が熱くなります。また体力が劇的に上がりますし、成長ホルモンも分泌促進されます。成長ホルモンは寝ている間に心身を修復し、健やかに保ってくれるホルモンですよね。めちゃ大切なものです。

 

スクワットのやり方などはYouTubeでもたくさんありますので、正しいやり方を学んで実践してみてください。私はワイドスクワットなるものを、朝と夜に15回ずつやっています。

 

これをしだしてから、お尻が上がって足が長くなった!!ひゃっほう!

 

そして体力が戻ってきたので、散歩にいっても倒れなくなったし1日に予定を3つこなせるようになった!!

 

 

前述しましたが、マジで筋肉・体力がないと、予定など1日に1つを何とかこなせるってレベルになります。それが今では、朝仕事をしてから昼に買い物にいき、何なら子供らと公園で遊んで晩御飯に実家へチャリでいく、という普通の人と同じような行動ができるまでに体力が回復しましたよ。

 

30代前半にして80代と同じ体力と診断されていた私ですが、50代くらいまでには改善されています(えっへん!)。

 


ワイドスタンススクワットのやり方 

ラジオ体操

 自宅で気軽にでき、手軽に全身運動ができるのが「ラジオ体操」です。子供のころの夏休みがあったお陰で、今でもあの音楽が流れると自然に体が動きますよね。

 

これを真剣にやってみてください。

 

パニック障害持ちは必ずあると言われる、首の凝りや肩凝りが改善されます。最初はきっとかなりしんどいだろうと思います。体力がなくて、体も緊張の連続で硬くなっているので。だけど毎日やっていたら、確実に体の状態はよくなります。

 

私はパソコンでの仕事を始める前に、タブレットでYouTubeのラジオ体操を流し、やっています。

 


【ラジオ体操1】ラジオ体操第一 

睡眠改善

 そもそもしっかりと睡眠をとって眠っていれば、過労によるパニック障害にはなりませんでした。それだけは間違いありません。

 

ただし、病気になってからは抗不安薬や抗うつ剤を常用しますよね。この抗不安薬は睡眠導入剤でもあるんです。やっぱり眠くさせて寝てもらい、脳に回復してもらおうということからですね。しかし何とこの抗不安薬が、「悪夢を見る」という副作用があるんですよ。

 

何でやねん…。

 

眠らせたいの?眠りを邪魔したいの?って感じですよね。私も散々悪夢に苦しめられたので、今では抗不安薬は頓服として発作が起きかけたとき、外出する用事があるときのみに用いています。

 

でも何とか心地よく眠りたいですよね。お風呂に入って体を温める、眠る前のストレッチをしっかりする、何なら瞑想も頑張る。これである程度眠くはなりますよ。だけど最後にもう一押し、ガチガチに緊張している精神を何とかしなければなりません。

 

まず、眠るためのアレコレその①ラベンダーの線香(お香)です。精神を落ち着かせる作用があるラベンダーの香りを部屋に漂わせるだけで、すーっと眠りに入っていけます(そういうときが多いです)。香りの力は偉大かつ絶大ですよね。ぜひお試しください。

 

 で、眠るためのアレコレその②快眠枕です。大人であれば肩こり改善などで枕を変えた経験を持つ方も多いでしょう。枕ってほんと、大事ですよね。デパートにいけば頭の高さを図ってくれ、柔らかさも選んでオンリーワンの枕を作ってくれたりします。しかし、どうしてもお値段がめちゃ高い。しかも自宅のマットレスでは高さと硬さが若干違い、試したときほどバッチリ&しっくりこない、ということもよくあります。

 

だけど現代では、通販で素敵な枕もいろいろ販売されていますよ。おすすめはこちら、整体師の方が作った枕です。

 

 

 

私も体の緊張によるさまざまな不調を整体の先生に針やお灸も使いながらほぐしてもらっています。その整体の先生が作った枕に変えて、ぐっすりと眠れたら、素敵ですよね。そう思って、使っています。今のことろ、いい感じ。

 

*できることは何でもやってみる!それが大切です

f:id:sekimeitiko:20200413155552j:plain

だけどリラックスも忘れずに

 パニック障害から抜け出したい、以前のように人生を楽しみたいと強く願うのであれば、色んな健康法を同時多発的にやってみましょう。

 

何がどう作用するかわかりません。だけど、心身が健康になるなら、いろいろ取り入れてみて欲しいのです。そして、気に入ったものだけでも続けてください。

 

家事も育児もほぼできず、寝たきりで子供らに泣きすがられていた私は、もういなくなりました。今では主婦業はこなせているうえに、パソコンでお金を稼ぐこともできています。

 

ちょっとずつ改善、そして幸せを感じていく。それが私たちには必要、そう心から思います。

・こちらの記事もどうぞ

www.sekimeme.info

www.sekimeme.info

www.sekimeme.info