Sekime blog~パニック障害のWebライター、アレコレ語る~

パニック障害もちのフリーWebライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

クラウドワークスに再登録!いきなり検定試験に落ちた話。

f:id:sekimeitiko:20210614143749p:plain
半年ぶりに「クラウドワークス」に登録しました。

私はここ4年ほど「ランサーズ」をメインにして活動していましたが、最近はマンネリ気味。

というのも、4年もやっていればお仕事を募集している方の多くが「知ってるよ」状態になるんですね。

もちろん御新規さんの発注者も続々と登場はしますが、そいういう方の多くは文字単価が安い。

文字単価、もしくは記事単価が良い募集はほぼ同じ方ばかり。

他は一度は応募したけれど落ちたところや、条件が合わないところ(たとえば都内で対面での面接が必要だったりウェブカメラでの面談が必要だったり。パニック障害を持っている私はむつかしい条件)なので、応募できるところが減ってきました…。

 というわけで、クラウドワークスへの登録です。

 

ここはね、今年の4月に1度登録して、登録早々「なんじゃこりゃ」なスカウトメールがわんさかきたんですよね。

ふざけてんのかっ!?(# ゚Д゚)

って怒鳴りたくなるような(口が悪くてすみません)金額で、上から目線でメッセージを送り付けられ、イライラした覚えがあります。

※この記事に書いたかと思います。↓↓↓ 

www.sekimeme.info

 続けて2、3通同じようなメールがきた上に、同じ頃にランサーズで好条件のお仕事をいくつかもらえたこともあって、クラウドワークスにはいいイメージがないまま退会していました。

 

だけど確か、クラウドワークスは日本最大級をうたっていたサイトのはず。

良いお仕事も、探せばあるはずです。

探せば、きっと。

 

というわけで、何の仕事もなかった昨日、サクサクと登録!

で、プロフィールを完成させたあと、「WEBライター検定」なるものを発見したので受けてみようとしたわけです。

「3級」と「2級」「1級」ですね。

 

同じようなものはランサーズにもありまして、そちらは無事に合格しています。

その時よりも経験は積んでいるし、WEBでライティングを書くことに対しての知識も増えているはず。

多分大丈夫だろう~と気軽な気持ちで、無料で受けられる「WEBライター検定3級」をクリックしたわけです。

 

50問くらいでしたでしょうか。

マークシート方式でした。

ランサーズで最初に試験を受けたときには「そもそもこの文章の意味がわからないんですが?」ってこともままありましたが、今回はそんなこともなく。

サクサクと解いたと思います。

これならきっと大丈夫と思いながら提出すると、すぐに結果が出るんですね。

 

不合格。( ;∀;)

 

ガビーン(古)!!!!

えー、マジか。

あれ? どこを間違えたんだろう??? (;・∀・)

 

ランサーズの方では合格基準点や自分が取った点数も発表してくれてたんですが、クラウドワークスはただ「不合格」のみでした。うそん、ショーック!

 

テストは外部に委託して作っているようですね。

はっきりとここを間違えたんだなと思う箇所がなかったので、しばらく現実を受け入れられずにぼーっと画面を凝視してしまいました。

f:id:sekimeitiko:20200510120030j:plain

そこでハッとした私。

確か、ライティングスキルを自分で入力するさい、「もう8年もやってるし、一応クライアントから褒めて貰えてるし、上級者っていってもいいよね? ね? 」と一人で呟きながらライターレベルを「上級者」としていたんです!

ダメダメダメ、3級にも落ちたよ、恥ずかしいーっ!!

急いでプロフィールに戻り、「普通」に戻しました…。

いや、これは恥ずかしいですね。

 

結局プロフィールでわたわたしただけで、クラウドワークスではまだ営業はできていません。

しかし今日は舞い込んできた仕事が一気に7件ありますので、しばらくクラウドワークスにはいけないでしょう。

あの検定試験は2週間後に再受験できるそうですし、その前に無料で講義動画も解放しているそうです。

知らなかった…ちゃんと段階を踏めば合格できてたかも…。

 

2週間後、もう一度トライします!

その後、しっかり営業もしていきたいと思います。

来年には活躍の場を広げ、さほど無理しなくても夫の扶養から抜け出せる程度に稼げるようになれば嬉しいなあ!

※私は夫の扶養に入っています。宜しければこちらもどうぞ。

www.sekimeme.info

自分ではそろそろなかなかのライターとか思ってても、現実は厳しかった。

ウェイクアップコールでしたよ、ほんと…。

 

※2021年4月20日追記

現在でもまだ再試験は受けていないうえ、結局このあと忙しくなったのでクラウドワークスでは一度も仕事をしていません…。

ナンテコッタ。

 

・こちらもどうぞ。