フリーライター関目いちこ、アレコレ語る。

パニック障害もちのフリーライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

2020年11月15日

 

f:id:sekimeitiko:20201101135118p:plain

ジョウがテスト前なので、クラブがなくゆったりとした午前中を過ごせる土日。日曜日は天気が良ければ、実家の両親とポスティングのバイトをしている。というわけで、8時まで2度寝をむさぼって幸せに起き、子供らと朝食を食べる。天気がいいし、洗濯ものは2回干す。夫のヤオがいないとガレージ(我が家で午前中は一番日が当たる)に大きなものが干せるので、子供らのベッドの夏用敷きパッドを洗った。あと、全員分の枕カバー。と思っていたら、ジョウはちゃんと聞いておらず、敷きパッドのみを出していたみたい。干すときに枕カバーが少なくて気付いたけど、もう遅いから本人に文句を言うだけにした。

 

子供が2人いて、原材料は同じ(夫と私)、作り方や生み方も同じ、食べさせてきたものもほぼ同じで、あまり母親の情みたいなものがなくて子育ては産んだものの義務・仕事だと思ってやっている私からの扱いもほぼ同じなのに、子供らはまったく違う生き物で驚くことがよくある。家族だし遺伝子レベルでは一番近いはずなので似ているところも確かに多いけれど、やっぱり違う人格なんだなあ!と思うことが、子育てをしているとよくある。不思議…。こんな、枕カバーも洗濯機に入れろ、という言葉に対する行動1つとっても、全然違うもんね。上は聞いてないか聞いても忘れるし、下は懸命に遂行しようとする。うーん…この違い、何でやろう…。

 

図書館で借りたパニック障害の「認知行動療法メソッド」に従って、認知行動療法を自分でやってみようとしているけれど、書いてある方法は怖いものばかり。まあそりゃ、歪んでしまった認知(外が怖いとか、そういう思い込み)を正すためには必要なのだろうけど、なかなか…ハード。とにかくやれることからやろうと思って、温度変化も落ち着いてきたし、今日は安定剤を飲まずにポスティングへ行くことにした。子供らと実家へ行き、子供らはバイト中は留守番させ、親と担当地区まで歩く。担当地区を3人でわけて一人で配るけれど、季節の変り目や調子が悪いときには、これがまったくできない。夏場は弱いので外出時は安定剤+家族の付き添いが必要だけど、冬は強いので今日は安定剤ナシ+付き添いなしでトライ。どこに親がいるかはわかるので、辛かったら親のところまで走っていこう、そう決めてやってみたけれど、大丈夫だった。途中、若干のどがしまる感じと冷や汗がでる感じはあったけれど、発作を心配するような予期不安にはならず、ちゃんと自分の担当分は配れた。良かった。成功体験の積み上げ。これでまたしばらくは、ポスティングのときに安定剤は飲まなくても大丈夫になるだろう。春先までは、大丈夫。

 

実家の子供らをスマホで呼び出しし、駅前で待ち合わせて皆でご飯を食べに行く。ジョウがラーメン、ボンがチャーハンを食べたいというので、行ったのは私が高校生のときから家族で行きつけの中華屋さん。相変わらず美味しい。大将がちょっと痩せたみたいだけど、うちの親と近い年齢だと思うから、当然かとも思う。コロナでもつぶれなくてよかった。自転車にのって子供らと帰宅。ジョウはテスト勉強、ボンはユーチューブ、私は本日初めてのパソコンをあける。外の方が温かかったので、窓をあけたら気持ち良かった。家の中の方が寒い…この家では、いつものこと。

 

今はクライアント様からの回答待ちが1件、内容確認の結果待ちが1件、営業した返答待ちが1件てところ。今日やる仕事がないので、ダラダラと次の営業先を探す。ここのところ集中力が長く続かず、ライティングのやる気は大いに下降している。だけど、やっと手に入れたパニック障害で家から出られなくても稼げる仕事、気の迷いで手放さないようにしなければ…。ウェブマガジンの納品した分が、1件修正依頼が来るはず。まだ期日じゃないのでメッセージはないけれど、確認したら1件あった。依頼がき次第やるんだけど、「矛盾点あり」はどういうことだろう。納品前に本文は何度も見直したはずなので、校閲者さんが思った矛盾がどこか気になる。

 

営業を1件だけして、海外ドラマを観る。「NCISロサンゼルス」のシーズン1を観出したけれど、これも「NCIS」というドラマのスピンオフ作品だったとわかり、先に「NCIS」のシーズン1からみることにした。でないとキャラがつながらない。2003年か、古いなあ!と思いながらNCSIを観出したら、いきなり知ってる顔!「リゾーリ&アイルズ」のアイルズ先生の女優さんだった。あのドラマよりも前の作品なので若く、ハツラツとしている。だけど、茶髪より金髪の方が似合ってるな…アイルズ先生はめちゃ別嬪だったけど、茶髪のキャラはそうでもない…。やっぱり髪の毛で印象はえらくかわるんだなあ。アールグレイをたっぷりと作り、みかんやアイスを食べながら観る。

 

夕方、何とかこたつから這い出て家事。2回も洗濯機を回して干した洗濯ものを取り込み、台所を片付け、ご飯をしかける。今晩は昨日残った刺身を醤油につけておいたので、漬け丼。子供らはあまり刺身が好きではないし、夫は仕事でいないので私だけ。うっへっへ。子供らにはこれまた昨日の残りでなんちゃって牛丼。

 

ブログ記事で、次は「広場恐怖の克服編」「認知行動療法」「家族としての付き添い方」などを書きたいので、調べ出した。今やりだしている認知行動療法だけど…「暴露」とか、とにかく「うわー!こえー!」と思うものばかり。できるだろうか。でもこれが出来たら、広場恐怖はなくなってまた単独で行動できるようになるはず。ううーん、しっかり調べよう、そんで、徐々にでいいから、行動を起こして行こう…。

 

今晩は久しぶりに「大改造!ビフォーアフター」があると母が言ってたな。あの番組は好きだった、観たいなあ~。普段テレビはまったく見ないので、2時間集中力が持つか謎…。そう思いながら、7時には待機してひっさしぶりにテレビを観た。そしたら、宣伝の多さに驚いた。

 

こんなんだったっけ?テレビ番組って?VODでドラマばかりみていてユーチューブもあまりみないから、CMが途中で入ることに多少イライラする。そして、CMが何の宣伝なのか最後までみないとわからないものが多くてそれにもビックリした。宝くじのやつとか…こんな有名な人ばかりどんどん出して、何の宣伝?と思ったら、最後に「宝くじ」と出てきて「えー!?」ってなった。昔…まだ平成になりたてのころとか、とにかく私が小学生のとき、テレビをよくみていた頃は、CMって最初から最後まで商品名連呼したり会社名を連呼したりでわかりやすかったものだけど…最後までみないと何の宣伝かわからないって、いいんだろうか。そういえば宝くじなんて、15年ほど買ってないな。

 

まあとにかく、ビフォーアフターは面白かった。そもそも私がDIYに興味を持ちだしたのは、この番組が原因だったはず。いつかは古い家を買って、まるごとDIYしてみたいけど…情熱(とお金と体力)がねえ、続くかなあ~?やっている途中に飽きた、心が折れた、疲れたからやめようってできないもんね。パニック障害になってから疲れやすくなってるし。あ、だからみんな動画をとってアップするのかな?途中でやめないように?モチベーション維持もかねて?…おおー!そうかも…。視聴者がいると思うから頑張れる、そういう面はあるのかも…。

 

仕舞い風呂に入り、子供らが寝たあとで台所を片付ける。日曜日の夜は出ているものを全部洗って、綺麗にすると自分で決めている。これができないときは、鬱状態にあるとき。そのバロメーターにもなる、掃除。最後にもう一回メールをチェックして、今日は寝よう。さっきから、愛猫が階段の下で待っている。