Sekime blog~パニック障害のWebライター、アレコレ語る~

パニック障害もちのフリーWebライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

2020年11月29日

 

f:id:sekimeitiko:20201101135118p:plain

今日は日曜日。つまり、晴れていればチラシをポスティングする日。ヤオは5時台起きでお仕事へ。私はいつもの通りに6時15分に目覚めて、そこからダラダラと二度寝&スマホタイム。布団が引っ張られて寝返りができないぞ?と思ったら、愛猫が掛布団の真ん中でなが~くなって寝ていた。…うん、これでは布団は動きませんわね。ちょっとどいてと布団を力をこめて引っ張ると、猫は伸びたままごろんと布団の上を転がり、尻尾を振って怒りを表現していた。上の子・ジョウのクラブが今日はないので、8時までダラダラできる~と思っていたら、ジョウが起床、自分のスマホを取りにダイニングに降りる途中、猫が親の布団にいるのを見たらしい。スマホをとったらそのまま親の部屋に戻ってきた。邪魔。ヤオの位置に入り込み、猫を撫でまくっていた。だけど、気分を害した猫はそのままジョウの頭をわざわざ踏んで退場。撃沈したジョウ。うけけけけけ。

 

8時までダラダラし、ゾンビのように起き上がって下におり、朝食。金曜日にボンが作ってくれた生クリームを食べ終わるため、トーストを焼いてクリームをつけて食べる。それとブルーベリーヨーグルト、白湯、大量のサプリ。クリームが甘く、トーストは私には多かった。おかしい、薄い8枚切りなのにな…。

 

用意をして、10時に実家へ、ボンと移動。ジョウは今日は友達と遊ぶ予定。電車にのってどこかにいくと話していたから、電車賃をカンパした。実家でチラシを鞄に入れてから親と担当地区へ移動して、自分の担当マンションにチラシを配布していく。夏場は安定剤を飲んでいても喉がしまり不安に襲われることもあるので、ガタガタ震えながら親のもとへ走っていくこともある。だけど冬は元気!冷たい空気の中ではパニックになりにくいらしく、今日も安定剤なしで、一人で配れた。途中、ヤマトメール便を配達している女性と鉢合わせする。譲り合いながらそれぞれがポスティング。すると壁の向こう側でマンションの住民さんが郵便受けをあけた音がしたあと、乱暴に郵便受けをしめる音を立てながら怒気を含んだ年配の男性の声。「もうこんなんいらんっちゅうねん!入れんなやボケっ!!!」。思わずヤマトのお姉さんと2人で顔を見合わせる。

 

別に障害を持っていない人でもいきなり悪意をぶつけられたら影響はあるだろう。ヤマトのお姉さんは顔をしかめており、私は動悸が激しくなり、全身から汗が大量に出た。呼吸を繰り返して落ち着かせる。まあ、不要なものを押し付けられたら(しかもときにはぐちゃぐちゃに)腹が立つのはわかる。マンションの郵便受けは細長いので、チラシが溜まれば郵便物なども入りにくくなるわけだし。しかし、本当に入れてほしくない方は郵便受けに「チラシは不要」とか「ポスティングは拒否します」などの言葉を書いてシールで貼っている。大きなマンションで、チラシを楽しみにしている方もいれば、利用している方もいるから管理組合は投函の許可を出しているわけだ。こちらにポスティングスタッフがいることをわかって大声で攻撃をしてきた彼の家は、チラシ拒否の表明をしていないのだろう。そんなに嫌なら、自衛くらいやれっちゅーねん。こっちだって不要と書いてあるところには、当然いれないよ。何か嫌なことがあっていらだっていたので、八つ当たりをされたのだろうと思うけど…いや~な気分になった。ヤマトの女性は「こういうときやたらと怒鳴るのは、きまって年配の男性なのはどうしてでしょうね」と言い、先に出て行った。

 

面とむかって「〇〇号室には入れないで」と言ってくる方もいて、そんな方には説明する。拒否シールを貼っている方の郵便受けを見せ、このようにしてくれたらチラシは入れないと。多くはそれで納得してくれるけど、たま~に全てのチラシは同じ人間が入れていると考えている人もいる。つまり、私がこのマンションにいれるチラシ全部を引き受けているのだろう、と。そんな方は「市からの配布物や宅配のものだけは入れて」などと注文してくる。そこでそういう方には、「私は不動産会社から依頼を受けて配っています。私は御宅にはもう投函しませんが、拒否が明確にわからないと他の会社は投函しますよ。不動産チラシが不要なら、不動産チラシお断りと書けば大丈夫です」と説明する。向こうはびっくりするけど、こっちもびっくりよ。宅配チラシや不動産チラシ、英会話の勧誘や塾の広告全てを私が一人で請け負うわけないでしょ。

 

そんなわけで少々ダメージを受けながらお仕事再開。あとは無事に配布し終わり、親と待ち合わせて実家へ帰宅。両親とボンと一緒にお昼を食べ、両親のさまざまなちょっとした相談事や困りごとを解決し、プリンターを借りて必要なものを印刷してから帰宅。しばらくドラマで「NCIS」のシーズン3を見てからこたつで昼寝。やっぱり空気が乾燥しているようで肌がピリピリするので、加湿器もスイッチオン。以前100均で購入した加湿器、かーなり優秀…。すごいぞ、ほんと。夕方にもそもそと起きて、台所を片付けてご飯をしかけ、パソコンに向かう。今日はまだ何もしてなかった。

 

何とか営業をせねば、せねばと思っていて、いくつかしたけれどなかなか仕事を貰えない。12月、本当に収入がやばーい!まだいつもの半分しか稼げてない!!来年につながる仕事も探さなきゃなのに。もうこれは運任せだろうか。ユーチューブで自己啓発的音楽でも聴くか?と思いだした。いやいや、神頼み、運頼みにするにしても何らかの努力をしてからの話だよね。真面目に営業しよう。そういえば、放置しまくっているクラウドワークスで落ちた試験もそろそろ受け直せるのではないだろうか。やり方がわからないからだろうけど、クラウドワークスで仕事を探す気になかなかなれない…。折角登録したのにもったいない。プラットフォームは多いにこしたことはないんだぞ、自分!

 

ボンがピンタレストで見つけたと、クリスマスツリーに飾るオーナメントを折り紙で作っていた。この子は手先が器用で集中力がある。綺麗なのでいくつか作ってねと声をかけるとやる気を出していた。

 

今晩はヤオが家でご飯を食べないので、昨日の残りもの活用ご飯。母が作ってくれた白菜と豚の煮込み、牛肉炒めの残り、もたせてくれたチキンカツのお惣菜!嬉しい。あとはみそ汁と炊き立てご飯を用意して、古くなりかけているレタスでサラダを作ってだそう。カツがあるから…キャベツの方がいいか?ヤオもジョウもボンもいまだにレタスとキャベツの区別がつかないようで、なんでやと不思議。全然違うのに!

 

食事中、ジョウが今日遊んだ友達が以前USJに子供たちだけでいって、帰りの電車を間違えて京都方面にのってしまい、大変なことになってしまったらしいという話をする。私がびっくりしたのは、中学1年生だけでUSJに行かせるのはともかく、帰宅が夜の11時とかそこらだったってこと。え?大丈夫やの!?と聞いてるだけで心配になった。しかも電車を間違えた子たちは、何とか帰ってきたら午前1時にもなっていて、翌日学校が眠かったそう。ええー、まさかの朝帰り!?それで親御さんは叱らなかったのだろうか…。子供のまた聞きなので一番聞きたいことが聞けず、消化不良に陥った。で、子供に釘をさす。我が家は、子供だけで外出したら、帰宅は最悪19時までと。高校生ならともかく、義務教育でそれはちょっと、と思う。平気は親御さんが多いのか…?それともその子たちはめっちゃ叱られたのだろうか?

 

夕食後は、日曜日なので映画をみることにする。久しぶりに「ボーン」シリーズ。これ、3部作は全部みたと思うんだけど、イマイチ自信がない。というわけで、「ジェイソン・ボーン」(これは絶対観てない)の前に、「ボーン・アルティメイタム」を観た。常に眉毛をしかめたようなマット・デイモンは今より若いけど、やっぱりちょっと田舎くさい感じがする…。素朴、というか。顔が。映画を2時間かけて最後まで見て、あ、やっぱりこれは観てたわ!と確認。1作目で恋人が出来た、2作目で恋人が殺された、とか一部しか覚えてないから、3作目はあまり記憶に残ってなかったけど、ちゃんと見てた。よしよし、これで次は「ジェイソン・ボーン」が観られるぞ。

 

図書館で借りていた「スタンフォード式最高の睡眠」を読み終わる。パニックやうつ病、他の不安障害の人は不眠症が多いので、眠りの大切さは身に染みているって方がほとんどだろう。面白かったので、睡眠のスイッチを入れるコツなんかは、まとめてブログで書いていこうと思う。不眠って、本当につらいから。そしてちゃんと眠れれば、精神疾患の多くのものは改善されるそうなので。