Sekime blog~パニック障害のWebライター、アレコレ語る~

パニック障害もちのフリーWebライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

2020年12月6日

 

f:id:sekimeitiko:20201202164913p:plain

日曜日。晴れているので、ポスティングの日。金曜日・土曜日と朝が早かったので、今朝は8時半までごろごろする。昨日の夜からスマホの調子が悪い。この6月に買い替えたばかりなのに、アプリの画像をなかなか読み込まず、ずーっとローディング状態でイライラして寝た昨日、今朝になればマシになっているかと思えば、ちっとも良くなっていなかった。おかしいな~…。起きてすぐにスマホの再起動。それでもうまくいかない。アプリによって大丈夫なものとそうじゃないものがあるので、これはやっぱりスマホの故障か…とガッカリしていたら、またジョウがスマホとタブレットを抱えて登場。親の布団には猫もいるので、一緒にゴロゴロしようとやってくる。スマホがおかしいと文句を垂れたら、「うちのもそう」。え?と思い、ここでやっと原因はスマホじゃなくて、我が家のWi-Fiかも?と思う。ジョウが4Gだったら大丈夫だから、Wi-Fiやと思うよと言う。もっと早く言ってよ~。どうせ起きないといけない時間だったので、下におりて支度を済ませ、Wi-Fiをポチっと切る。そして電源を入れ直したら、スマホが戻った!!おおー、中学生、役に立つなあ!

 

晴れていい天気、風は微風。きっぱりと冷たい冬の朝は好きだけど、洗濯ものを干すときには今日くらいの、お日様があたったら温かく感じるくらいがいい。朝食に玄米フレークと白湯、ヨーグルトを食べてから、洗濯ものをせっせと干す。その後、ちょっとパソコンをやってからボンを連れて実家へ。ジョウは友達とマクドナルドのグラコロを食べに行く約束をしているらしい。期間限定と聞くと、食べなきゃならないような気になるよね、とボンと話す。10時半から巨大マンションのポスティング開始。今日はボンもチラシ配りについてきて、手伝ってくれたので早かった。お昼はマンション近くのファミレスへ。ボンはハンバーグセット、私はカルボナーラとサラダを食べる。自分ではどうしてもうまく作れないカルボナーラ…やっぱりお店で食べると美味しい…。途中で本屋によったけど目的のものは見つからず、しょんぼりしながらボンと自転車で自宅へ戻る。

 

今日はこれから、一生懸命仕事。土曜日にほぼ何もしなかったので、今日は真面目にやろう。新しく契約をしたクライアント様から1件頂いていた分を片付ける。3000文字、画像をつけてWordPressに入稿まで。興味がある内容だったので、調べるのも楽しくサクサクと進んだ。3時には納品完了させ、父に原稿を書いてもらって編集しているお城ブログの記事もアップする。父のパソコンが壊れていて10日以上もアップが出来なかった。多くの人に読んでもらえますように!そして、昨日ヤオが買ってくれていたドーナツとアールグレイでお茶。美味しい!会社で頑張っているヤオに向けて、心の中で感謝。こんな美味しいものを、どうもありがとう。甘いものはあまり得意ではないし、普段は砂糖を出来るだけ摂らないようにしている。だけど砂糖まみれのドーナツは好物。1個丸ごとは食べきれないので、半分はボンに食べてもらう。

 

夕方、家事をしてからまた別のお楽しみタイム。私は毎月の家計から、余ったお金を1年間貯金箱にいれていっている。食費の財布に余った小銭を入れ、使わなかった被服費を入れ、という風にして。それを毎年12月に入ってから開けて集計し、12月の家族での旅行や遠出、年末のカラオケデーでぱーっと遣うのが楽しみ。今年はコロナのせいで冬の旅行はなくなったし、家族でのカラオケデーもやるかは微妙。だからこの貯金をどう使うかは未定だけど、とにかく数えることにする。

f:id:sekimeitiko:20201206200601j:plain

ミニドラム缶が小銭、ペットボトルがお札の貯金

去年まではお札も畳んで小銭と一緒に折りたたんで入れていたけど、今年からペットボトルに入れだした。折らないでいいと、使うときにしわくちゃにならないなと思って。こたつテーブルの上にジャラジャラと空けて、数えた。

f:id:sekimeitiko:20201206200831j:plain

毎月余ったお金を入れて貯めてきました~

f:id:sekimeitiko:20201206200908j:plain

今年はいつもより多かったです

この数えるときが、楽しい。今年は去年までに比べて多かった。合計2万2532円也。よく頑張ったな、自分。これが多いと、予算を守れたときが多かったという証拠になるので、自分を盛大に褒める。よくやったぞ、私!予算内に家計を収めた結果がこれだ!!冬の家族旅行先での食事代やお土産代、子供らのアクティビティ代になるはずだった年間家計余り金貯金、今年はどうやって使おうか…。コロナがすごく増えている関西では、外食もままならない感じになってきたし。うーん…。

 

そして日曜日の夜は、映画ナイト。うへへへへへ。先週はボーンシリーズを観たけど、今週はドキュメンタリー映画にしようかな。ファッション雑誌、ヴォーグのやつとか。伝説的編集者のアナ・ウィンターのドキュメンタリー映画は以前見た。あれも面白かった。プロってこういう人のことを言うんだなあ!としみじみ思ったな。ヴォーグといえば、「プラダを着た悪魔」を思い出す。あれは原作の本を読んでいて、映画化されたからびっくりしたんだった。映画はわかりやすかったけれど、原作はもっと面白かった。

 

あの映画版で主人公をしたアン・ハサウェイは大好きだけど、彼女の「マイ・インターン」もまだ観てないな…そういえば。私はあまりファッションには興味がないけれど、「プラダを着た悪魔」の本を読み、映画を観たあとは、ちょっとはちゃんとした服を着て自分を魅せる努力をすべきかも、などと考えたものだった。本や映画の影響たるや!!自分のためにちゃんと肌や体形を整えてきちんと化粧をし、髪の毛をセットすれば私も奇麗に見えるのではないか、とか。きちんとした格好をしていると、たとえばお店などで待遇がよくなるのは感じたことが実際にある。普段は作業着のようなファッションが好きで、どちらかといえば下品な服装(うちの母曰く)をしているけれど、二十歳くらいのときからこの路線でいっておけば、人生もうちょ~っとイージーモードだったのでは…。まあ、それはよこしま過ぎる考えだけど。よし、今日はヴォーグのドキュメンタリー映画にしようっと。

 

「IN VOGUE THE EDITOR'S EYE」を観た。約1時間の短いドキュメンタリー映画。120周年を迎えた雑誌VOGUEの歴史を、強烈な個性を持った歴代編集者たちの仕事や物の見方を通して知らせる映画だった。1時間くらいなのに…めっちゃ疲れた。色やデザイン、情熱が怒涛のように押し寄せてきて、刺激に弱くなっている私にはなかなか…。だけど、天才とはどういうものか、などについて考えた。いや、まあ、とにかく、もうヘロヘロなので、今日は寝る。