Sekime blog~パニック障害のWebライター、アレコレ語る~

パニック障害もちのフリーWebライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

コロナ禍で発熱すると、これだけ大変なんだと痛感したお話。

 

f:id:sekimeitiko:20200913105851p:plainうちの下の子、今週火曜日に学校から戻ってきたら、やたらとぐったり。自ら体温計をとってきてはかり、こう言いました。

 

「お母さん、僕今、38度2分やわ」

 

うえっ!!??ダイニングテーブルでライター仕事をしていた私は思わずパソコンを勢いよく閉じましたよね。文章書きかけだったのに、仰天して。

 

いやいやいやいや、このご時世で発熱は困る!しかも38度だと?!そんなんどこに出しても恥ずかしくないくらいの高熱やないかっ!まてまてまてまて、その熱いつから出した?これってまずどうすべき?とにかく病院に…。いやいや、まずは学校に発熱を知らせるべきなのか?いやまてまて、とにかく子供の上着を脱がせて他に症状がないか確認しなければ。とりあえずこの仕事だけ片付けちゃう?いやそんなことより先に子供だ!ってかもしかしてコロナだったらどうする?うち前の冬に肺炎しててやばいのにー!あ、そうだ夫にもラインしなきゃ…つか彼はちゃんとラインを読むのか?そういえば上の子まで熱があったらどうしよう!そうだこの子最近どこに行ったっけ?もしかして神社でもらったんじゃ…。それとも学校?月曜日の給食のときとか?いや、この子は爪を噛む癖があるから、それが原因かもしれない。そうに違いない。爪…手って汚いもんね…。もうちょっと厳しく言うべきだったか?違う違う、今はそんなことより子供の症状の確認だっ!!!まずは自分が落ち着くことが肝心、深呼吸をしよう!あれ?深呼吸ってどうやるんだっけ??

 

そんなことを一気に考え、興奮したまま子供にかけよりました。人間て仰天すると一瞬思考が止まり、そのあと怒涛のようにいろいろ考えるものですね…。下の子、小学6年生。顔色…確かに悪い。だけど咳は帰宅してから一度もしてない。給食は食べたのか、味はあったか、今何か臭いはするかなどを聞き、給食は遅かったけれど完食した、味はあったし今も灯油ストーブの匂いがすると聞いて、ちょっと安心。よし、じゃあ次だ!

 

毛布を持ってきて「しんどい~」と横たわる子供にかけ、夫にライン。彼は接客業の一種なので、家族が発熱すると仕事をその時点で終えて帰宅、コロナ感染が否定されるまで自宅待機となるんですね。今はただでさえ風邪の時期でアルバイトの学生さんも少なくて人手がなくて大変やのに…。そう思いながら、連絡をしました。そして小学校へ電話をします。私はパニック障害を持っているため、電話、めっちゃ苦手になったんですよ…。話している相手が誰であってもすごく緊張し、汗と震え、涙が出てくるんです。だけどそんなこと言ってられないので、学校に電話!!担任の先生に発熱を告げると、「そういえばいつも給食を食べるのは早いのに、今日は遅かったんです。そのときにはしんどかったんですね、すみませんでした気付かずに」と謝られて慌てる。先生のせいではまったくないですよ、とにかくしばらく学校は休ませますねと伝えて、電話を切りました。

 

夫からライン。今から帰ります、帰ったら病院に連れていくからとのこと。私が単独で外出できないので、子供の通院は普段から夫に任せているんですね。だけど今日はぐったりしているし、知恵熱の可能性も高い。病院、今から連れていくの?とちょっと困惑しました。

 

うちの下の子は発達障害のボーダーラインにおり、幼少時から団体行動が苦手。低学年のときには学校生活の頑張りから毎週末には高熱を出して倒れていたんです。高熱をポンと出して、一晩寝込んだら治るというのがパターン。大きくなってきたので頻度は落ちましたが、今でも週末や週初めに高熱を出すことがままあるんですね。今は咳や鼻の症状もないし、頭痛は訴えているけれどあとは熱だけ。高熱での頭痛だろうし、これはいつもの知恵熱(過労熱)かな、とも思っていたんです。だけど、夫が仕事にいくためには医者による「コロナじゃないでしょう」という言葉が必要なので、病院に連れていく必要がありました(帰宅した夫からそのように聞きました)。

 

では、病院にとりあえず電話をして聞いてみよう。去年の秋、同じく下の子が発熱したとき(そのときは知恵熱でした)、病院に行く前に保健福祉事務所に電話をと言われていたので、今回は最初から保険福祉事務所にかけ、地元の病院で診察を受けてくださいと指示を受けました。なのでホームドクターに電話を入れると、「12歳以下のお子さんは、受け入れ態勢がないためお断りさせていただいております」と言われビックリΣ(゚Д゚)!!!…あれ?去年の秋はOKだったのに、ダメになっちゃったの~?(;・∀・)感染者が増えてきたため、このような処置になったのでしょうね。だけど受け入れてくれると思い込んでいた私は、電話の緊張もあって強烈なショックを受けました…。しばらく絶句してしまったので、相手の受付さんを心配させてしまった、すみません。 

f:id:sekimeitiko:20200506144238j:plain

焦って、ではどこで診てもらえばいいのでしょうか?と質問。そんなの他の病院だろうがよ、と自分であとからツッコミましたが、慌てていて責めるような口調になってしまいました…。ますますごめんなさい。なのに、電話の方は丁寧に他の小児科でと答えてくださって、うああああ~、本当にすみません…。ありがとうございます!わかりましたとお礼を言ってきり、困りました。小児科…どこにあったっけ??

 

結局赤ちゃんの頃にお世話になっていた小児科が診察してくれることになり、帰宅した夫が連れていきました。だけど症状がなさ過ぎて、そして発熱から時間が短すぎて、コロナ検査はできないし、他のものだとも断定はできないと言われたようです。熱さましだけを貰って帰宅。それを飲ませて、その日は寝かせました。高熱すぎて深夜に悪夢を見たらしく飛び起き、呂律が回らないままで何かを喋りながら廊下をうろうろ…。結局合計4回も深夜に起こされ、ベッドに戻し、水を飲ませとやったので、授乳期間を思い出しました。そうだ…たしか、こんな感じだったな、あの頃…。子供が寝ぼけたまま熱にうかされて徘徊するので、階段から落ちないかとハラハラして飛び起きましたね。

 

翌日、朝にも熱は下がらず38度2分。これは知恵熱じゃないな~…と夫婦でがっかりしていたけれど、本人は熱の状態に慣れたのか機嫌は悪くなかったんです。朝食も少々食べ、いまだ咳や鼻の症状もなし。頭痛もなくなっているということだったので、こちらは安心していました。ところが、昼食を食べたあとでいきなりの酷い下痢!急に何度もトイレを往復しだしたので、あ、これはお腹の風邪かもと思ったんですね。その30分後にはマーライオンのように派手な嘔吐もしたので、あ、これは絶対胃腸の風邪や!と確信しました。下痢嘔吐で高熱って、ノロとかオタとかそんなのですよね。

 

だけど、前日にお世話になった小児科は水曜日の午後は休診!下痢嘔吐をしてから熱をはかったら、何と39度5分まで上がってしまっていました。うぎゃー!大変だ、別の病院!もう腹痛も訴えているし、下痢嘔吐だし、これはきっと細菌性の炎症か何かだと判断されてお薬が出るだろう、と思ったんです。病名が出れば夫も明日から会社にいけるし、子供も薬でちょっとはマシになるはずって。だから何としても今日も病院にいかねば!そう思ってパソコンでさらに検索、近くに新しい小児科が出来ていることを夫が発見。そこに電話をして説明すると引き受けてくれるとのことだったので、次はそこに夫が連れていきました。だけど、やっぱり何の病気かの判断はできず…。うそーん、何でやねーん…(´;ω;`)

f:id:sekimeitiko:20200511181341p:plain

今度はちゃんと下痢嘔吐腹痛という症状があるのに…!おそらく腸炎だろうけれど、断定するには下痢と嘔吐の回数が少ないということだったようです。男の子は一般的にお腹が弱い子が多いし、高熱でお腹に来ただけと言えなくもない回数だったんでしょうね、下痢と嘔吐が。トイレに行った回数などが。胃腸炎の検査って検便しなきゃダメだったですよね?それはしなかったようだし。

 

結局この日も整腸剤をもらってきて終わり。コロナでない、という判断もできなかったので(発熱からの時間で)、やっぱり夫は会社にいけず。今できる検査としてインフルエンザと溶連菌はしてもらえて、どちらも陰性と出たようです。インフルじゃなかったのは、良かった。だけど何の病気か知りたかった…。

 

解熱剤と整腸剤しかないので、戻ってきたときには39度9分というぶっとんだ高熱になっていて、お腹が痛い気持ち悪いと苦しむ子供をさするしかできない私。いやあ、子供が可哀そうでした。きっと抗生物質か何かをくれるだろうと思っていたので、それがなくてガッカリ。お医者さんの判断なので、受け入れるしかないですが。

 

少しの食事も食べれず、苦しむだけ苦しんで2日目が終了。さすがに39度9分もあればほぼ死体のように転がっているしかできず、夜中の子供の徘徊もなかったです。寝入りに一度、胃液を吐いていました。何も食べれてないから、しんどかっただろうなあ…。

 

そして3日目の木曜日。額を触ると昨日の夜ほどの熱さがなく、喜んだ私。測らせると37度9分だったのでまだ熱は熱ですが、39度だったことを考えると「下がったねえ!」となりますよね。子供も体が楽~と機嫌がよさそうです。その日は最初にいった小児科があいているので、電話をして予約をし、また診察に。そこでやっと、「コロナの可能性はかなり低いと思います」の言葉を頂きました~!ああ~長かった…良かった…。このまま土曜日まで様子を見て熱が再び上がることがなければそれで回復するでしょう、という事でした。多分、腸炎だったのだろうとお医者さんは言っていましたが、やはりここでもそう断定するにはちょっと、ということだったみたいです。もしもまた熱が上がるようなら、土曜日にはコロナの検査をした方がよい、とも言われました。まあ、実はコロナにもかかっていて無症状なだけ、そこに腸炎がきたというケースもなくはないでしょうから、受けられるなら受けた方がいいのかなあ…。また夜になって熱が上がりつつありますが、土曜日までは様子をみてくださいということでした。

 

本日4日目、金曜日。朝の検温では37.5度!よかった~!人間の体温に戻ってきたよ~!ただし熱は熱なので、兵庫県も出された緊急事態宣言によって、上の子も本日は学校をお休みになりました。夫はもともと休みの日だったので、家族で引きこもりアゲイン。胃腸炎であったとしても感染症なので、とにかく外に出ないようにしています。昨日、夫がいろいろ買い物をしてきてくれて助かりました。下の子は嘔吐はすでになく、食事も消化に良いものから始めています。しかし下痢はまだあると言っていたので、やっぱり胃腸の風邪…。ひとまず熱が下がってきて良かったです。

 

コロナになるまでなら何てことなかった一連の流れが、異様に大変でした。

・まず保健福祉事務所に電話をし、指示を仰ぐ

・学校に連絡する

・いつもお世話になっている病院から断られ、地元の病院で受け入れてくれるところをひたすら探す

・結果がわかるまで家族が仕事にいけない

この3つが、今まではなかったですよね。保健福祉事務所や地元病院の電話対応のときに、現場の方々がどれほどしんどいか、大変かを想像しました。丁寧な対応でしたが、みなさん疲れが口調に出ていましたのでね。コロナ禍で気を付けていたはずですが、今熱を出すとこうなるんだなとわかりました。

 

これ、まだ子供だから親が2人でアレコレ対応できるけど、一人暮らしの大人が39.9なんか出したら、電話すら難しいですよね…しかも、あっちこっちに電話しなきゃならないし、電話の内容を理解して次に進まなきゃならない。いやあ、無理じゃないかな。一人だったら、救急車呼ぶ方がいいですよ、本当。

 

私と夫、上の子は下の子の病気をもらわないよう、そして他の人にうつさないよう、さらに別の病気にならないように、慎重に生活しようと思います。一体いつまで自粛なんだよ~とやっぱりうんざりして気軽に出歩きたいとか思いもしますけれど、現場の方々を見ていたらそんなこと言っちゃいけませんね。今回も2つの病院にお世話になり、いろいろ判断してもらって子供も無事でした(まだ完全に安心はできませんが)。ありがたいです。子供の看病をしつつライティングをして納品し、私も結構ボロボロなので、今日はストレッチをして昼寝をします。この気温や乾燥では体調管理が難しいこともありますが、皆様もどうぞお気をつけください。