Sekime blog~パニック障害のWebライター、アレコレ語る~

パニック障害もちのフリーWebライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

久しぶりにコメディー映画を観た。笑いは、やっぱりいい!映画「SPY」感想

 

f:id:sekimeitiko:20201027182717p:plain

日曜日はできるだけ、映画を観ると決めています。今週は子供の発熱でいろいろバタバタとして精神的余裕がなかったので、絶対に映画をみて頭をクールダウンさせよう!と決めていました。

 

折しも阪神大震災が起きた1月17日。大阪生まれ大阪育ちの私も被災したこの日には、あまり心から笑えることがありません。なので、敢えてコメディー映画を検索。心も頭もスッキリさせたかったんですね。コメディーといえば、昔の私はジャッキー・チェンやエディ・マーフィーが好きだったんですが、ちょっと最近のものを…と探したら、観たことがないものを発見しました。2015年の映画「SPY」ですね。

 

*Amazonプライムビデオ無料体験はこちら *

 

主演はメリッサ・マッカーシーさん。この人知ってる!と思いながら観て、ああ~チャーリーズエンジェルに出てた~とか、ああ~ブライダルウォーにも出てた~などと思い出しました。毎回キラリと光る、ふくよかでチャーミングな白人女優さんですね。この人が出てたら絶対笑えるわ。しかも、可愛い笑いになる。よし!これに決定。

 

他にはジュード・ロウさんとジェイソン・ステイサムさんも出ていました。2人は凄腕スパイ役でしたが、ジェイソン・ステイサムは2枚目スパイという役柄では…なかった。残念。個人的にはジュード・ロウよりジェイソン・ステイサムの方が好みなので。いや、スパイ役で一番好きなのはピアース・ブロスナン…て、話がずれてますね。

 

ジュード・ロウ演じるCIAのスパイとコンビを組む、内勤エージェント役が主役のメリッサ・マッカーシーでした。金髪、緑色?の奇麗な瞳で、この人ほんとうに可愛い、とついつい画面を見つめる。サイズは凄いけどどっから見ても別嬪なのに、「デブは雑な扱いをされる」という路線の笑いが多くてちょっと悲しかったな。あの体形だからいいのに。とにかく表情が豊かでコロコロ変わるので、みていて楽しかったです。

 

話としては、まあよくあるパターンですね。自分のパートナーを殺されたエージェントが復讐をしつつ世界を救う、という内容。ですが、メリッサ演じるスーザンは内勤者で現場の人間ではないこと、あの体形で、決して「イケてる」人間ではないことがミソ。ただし、すご~く俊敏に動き、格闘も情報収集能力も実は養成学校では1位だったという設定でした。まあ、じゃなきゃ無理ですよね。まったく何もできない内勤者を現場に出すことは上もGOサインを出さないだろうし、大体復讐を企んでしまうからという理由でパートナーは捜査から外されるのが常なはず。そこが、コメディ映画なんだろうなあ!と思いました。

 

すごい動くんですよ!スーザン!10年前の訓練所での訓練風景を上役が確認するんですが、その体のほとんどは筋肉なの?脂肪ではなく??Σ(・ω・ノ)ノ!!と2度見するくらいに動きが早い格闘シーンを見せるんです。うっそだー!!と言いたいけれど、渡辺直美さんの例もあるから、ふくよかな女性が俊敏に動けないわけではないことは十分知っている…。渡辺直美さんのレディー・ガガとアリアナ・グランデの「レイン・オン・ミー」のダンスは凄いものね…できるんだよね、サイズがビッグでも!

 

で、更に頭も賢いの。内勤歴が10年だけあって記憶力も良く、こういうときどうすればいいか、がちゃんとわかっている。だけどそこかしこにコメディー要素も入れてくるんですよね。犯人を追うべく格好良くバイクにまたがってエンジン・オン!!…てところで、体重の重さでバイクごと倒れるとかね。はずみで殺してしまった人の死体を見て見事なマーライオン嘔吐をしてしまったり、ぐろい死体をみて気絶してしまったり。バッターン!って真後ろに倒れるから、笑える。とにかく恰好がつかないところがいいんです。そして、毒舌がすごかったです。それが一番面白かったかも。普段は人から嫌われないように、目立たないようにと抑えているんでしょうけれど、スパイとして演じているうちに憎たらしい相手にはずばずばと罵り言葉を浴びせるキャラになると決めたようで…。敵を前にしたらガンガン罵っていた。個人的には、かなりそのシーンがすっとしました。ノンアルコールを飲みながらいい気分に酔っぱらえたのは、あの毒舌があったからに違いない。間違いない。

 

ジュード・ロウはやっぱり恰好良かった~!20代のときに見た「リプリー」で、なんだこのイケメン、と思ったけど、もう50代とは思えない若さと色気。やっぱり目が素敵。映画ではちょっといい人間なのか悪い人間なのかわからなかったけど、まあスパイらしくはありましたね。スーザンの気持ちをわかっていてからかっているのかと思っていましたが、彼は彼女の気持ちに気付いていなかったのね…。

 

ジェイソン・ステイサムは口も態度も悪い中年オヤジだったけれど、相変わらずアクションは素早くて見ごたえがありました。あの人、決してイケメンではないけれど、雰囲気やガタイの良さでとっても格好良く見えますよね。だから感じ悪い親父を演じれば、本当に感じ悪い中年にしか見えなくてびっくり。格好良さというのは、やはり醸し出す雰囲気や所作によるところが多いんだろうなあ~…。

 

メリッサ・マッカーシーさんはセリフで笑わせるわけではないのですが、行動や表情が非常に面白いコメディ女優さんですね。またブライダルウォーが観たくなりました!