フリーライター関目いちこ、アレコレ語る。

パニック障害もちのフリーライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

映画「スーサイド・スクワット」を観た。

 

ハーレイ-クイン, ジョーカー, ピエロ, アクション, おもちゃ, 女性, フィギュア, 直流, コミック

日曜日夜の映画、引き続き少々ストレスな状況にいる今、スカッとする映画、もしくはぶっ飛んだ映画が良いぞと思って選んだのが、2016年のDCコミックスの映画「スーサイド・スクワット」です。

 

うちの上の子がハーレイ・クインのファンなんで、以前一緒に見たことがありました。だけど詳細を覚えていない…ジョーカーがちゃんと(?)気持ち悪かったことは覚えてましたけど。なので、再び視聴!いつものAmazonプライムでお世話になります!

※Amazonプライムは月額500円ですよ~!

 

実を言うと、この映画を観るまでマーゴット・ロビーという女優さんを知りませんでした。めっちゃ別嬪ですね。いやあ、嬉しい!!濃い化粧をしたハーレイの姿も素敵でしたが、元の人格・精神科医のハーリーン・クインゼルのときの清純な感じがたまらーんっ!!口の大きな美人が好き。彼女が大きな口をかぱっと開けて狂気的に笑うところが、非常にジョーカーのパートナーという感じでした。

 

アメリカのコミックスでは私、DCよりもマーベル派なので、DCコミックスのものはバッドマン、スーパーマン、あとは海外ドラマでフラッシュくらいしか観てないんです。だけどバッドマンとフラッシュがちょろっと映画に出てきて笑えました。バリー・アレン!ここで会うとは。そんで、スリップノット、消えるの早すぎな。すぐ死んでしまったわ、残念。

 

映画は面白かったです。個人的好みでどうしてもウィル・スミスを応援したいので、彼が娘とほぼ会えず、手紙のやり取りもないということに若干心を痛めました…だけどまあ、父が人殺しって嫌だよね、普通にね。

 

コミックス作品なので当然いろんなツッコミがありますが(まだ一応人間なのに、なぜ死なないんだとか)、スカッとできました。カーラ・デルヴィーニュが奇麗だった。どちらかといえば博士のときよりもエンチャントレスだったときの方が魅力的でしたが、やっぱりモデルさんだけあって体の線が非常に美しいね!!繊細な線。ほっそ!顔ちっさ!!てひたすらさけびました。

 

パニック障害と鬱病をやってから、映画などでも狂気的な人をみると多少引きずられる感じがして恐怖があります。つまり、自分もこんな風に狂ってしまうのではないかという、元気なときには感じなかった感情がでてくるんですね。だけどジョーカーやハーレイ・クインはぶっ飛びすぎていて、さすがにそういう意味での恐怖はなかったです。ちょっとこの人変…とか、ちょっとこの人狂ってる…というレベルのキャラなら影響を受けたかもしれないけど。とにかくハーレイ・クインが可愛くて変だった。

 

あと満足だったのは、大佐のガードマンとして志願してついてきた「カタナ」女史ね。ちゃんとした日本語だった。嬉しい。ハリウッド作品ではちょっと珍しいくらいに、普通の日本語で嬉しかったです。ハリウッド作品では大体中華系アメリカ人や韓国系アメリカ人が日本人を演じていて、日本語ではあるけど訛っている…となりますが、この人は母国語が日本語なんですね。マシ・オカさんを「ヒーローズ」で観たときと同じ安心感(笑)ちなみにマシ・オカさんはIQ189のギフテッドだったそうで、文字通り天才。語学力も高く、楽器に勉強にコンピューターにと何でもできる方です。アメリカに「やったー!」と「大ピーンチ!」を広げた功績はぜひ称えたい…。

 

最後までみて、ああ、これは続きが作られるんだろうなと思いましたが、やっぱりあるんですね。楽しみ。早く見たい。ってかジョーカー、なんで生きてるんだろう。そしてハーレイ・クインを刑務所から救い出しますが、それができるならなんで今までしなかったんだろう…。やっぱり最もワケわからんヴィランはジョーカーですね。いやあ、怖いわ、あのキャラ。

 

*こちらもどうぞ