Sekime blog~パニック障害のWebライター、アレコレ語る~

パニック障害もちのフリーWebライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

2021年3月7日

 

f:id:sekimeitiko:20210301204126p:plain

日曜日。今朝は上の子・ジョウが実家近くの美容室で髪をすいてもらう日。私が美容院へ着いていけないので、実家の母にお金と共にジョウを託す。そして私は3回目の洗濯ものを干し、やれやれ、やっと仕事に…と思ったところで、実家から電話。ジョウに何かあったかと一瞬焦ったけれど、昨日新しいパソコンを買ったばかりの父からのSOSだった。USBが開けないとか、テレビに接続できないとか。

 

母が買い替えたパソコンが気に入ったらしく、父も同じものに買い替えたけど、母と違って父はやたらと機械トラブルが多い。仕方なく、私と下の子・ボンも実家へ。今週はポスティングバイトがないので、ゆっくりとできると思ったのに…。

 

実家にいったらパソコンがわからなくて、イライラした父がいた。こっちもイライラする。とりあえずUSBは開けるようにしておき、手順を一々メモする父にこれまたイライラする。だけどぐっと我慢。何でも自分でやろうとするとこは素晴らしい。困る度に娘を呼びつけるつもりはないんだなとわかれば、こちらも辛抱しなくては。Wordとエクセルがちゃんと入っているパソコンではなく、類似品だったそうで、開けられなかったとわかった。そして次はテレビとの接続。普通に接続しても「この入力信号は対応しておりません」とテレビ画面に出る。だけど不思議なことに、まったく同じ製品である母のパソコンでは機器をつなげるだけでサラーっとテレビ画面にうつる…。うええ?!これとあれとどう違うの!?同じ製品を2日違いで買って、同じようにセットアップして、同じように使っているのに、どうして父のパソコンの方が信号を受信してくれないのか。母はパソコンをテレビにつなげて観たりはしないので、父はパソコンを交換してくれと母に迫り、またいろいろするのは面倒くさいから嫌だと拒絶されていた。仕方ないので、アメフトの試合のシーズンだけは母にパソコンを借りてテレビを観ることにしたらしい。私が直せたらよかったのだけど、同じパソコンで1台は接続可能だけど1台は接続不可能など、別に専門家でもない私には全然わからない。どっちも新品だし…意味不明。とにかくパソコンに振り回された午前中で、自分の仕事はまったくできなかった。

 

ジョウがすっきりとした髪型で登場。2年間伸ばしっぱなしだったので、とても清潔でよい感じになっていた。さすがプロ。私も金曜日に安定剤を飲んで夫についてきてもらい、約2年半ぶりにカットへ行ったので、プロの方の技術に驚嘆したんだった。とはいえ私は1000円カットに行ったので、そのスピードにも驚いたのだけれど。両親はついでだからと、子供らと私を昼食へ連れて行ってくれた。父は、パソコンで世話になったからご馳走してくれるという。日曜日は飲まない日だけど、母がグラスワインを飲めばとすすめてくれたので父とグラスワインを飲んだ。禁酒は、かわりに木曜日にすることにしよう。うっへっへっへっへ。

 

出てきたついでにと図書館、本屋、100均などにも寄ってから実家へ戻り、もう一度だけ念のためと父のパソコンとテレビの接続を試した。やっぱりダメで諦めてから、やっと自分の仕事へ戻る。ガーデニング案件の修正が来ていた。とても指摘が的確で説明上手なクライアント様なので、サクサクと終了。お茶を頂いて、3時頃自宅へ戻る。いつもの3時のおやつをもらっていない愛猫がすんごい勢いで鳴いてお出迎え。今日の猫当番はジョウなので、尻尾で叩かれながらおやつをやっていた。猫って…この自由さがあるから、猫なんだけど…たまに羨ましくなるほどに自由で自己中だよな…と思う。まあそこが好きなんだけど。

 

台所を片付け、3回干した洗濯ものを取り込んで、ご飯を研いで炊飯器の予約をする。ここでくう~っと眠気が来たので、もう4時なのにと思いながらこたつで昼寝。いや、夕方寝??5時半まで寝てしまった。その後、晩御飯まではジョウに買ったノートパソコンに動画編集用のソフトをインストールすることを必死に頑張ったけど、そもそも安物のスペックが低いこのパソコンでそれって可能?と考えて調べ、結果、無理とわかる。これは父が昨日まで使っていたパソコンがまだ新しかったので、安く買い取って子供に与えることにしたのだけど、そもそも元が安物のやつ。どうしようもないからと、このノートパソコンではそれはちょっと無理ゲーであることをジョウに述べる。ガッカリするジョウ。パソコンを貰ったら、それをしたいと楽しみにしていたと泣きそうな顔でいう。…いや、ならそれを先に言いなさいよ…。中学生に渡すノートパソコン、そこまで高性能なやつなわけないやん。メールやSNSや、ブログやと一般的な使い方をすると思ってたがな。いきなり動画編集などするとは思わないがな!そもそもこのノートパソコンは3万円だったんだよ!こっちもがっくり。でも仕方ない。ブラインドタッチの練習や、ブログなどをやり始めるときにまた与えるか。コミュニケーションが足りず、お互いに残念なことになってしまった。親はお金が飛んで行っただけだし、子供はやりたいことがまったくできないという…。あーあ。

 

ガッカリする子を見るのは嫌だったけど、子供のやりたいことをわかってなかったこちらにも問題がある。当たりまえだけどノートパソコンなどは全部一緒と思ってたんだろうな。スペックとかいってもわかるわけないだろう。一応例えはしてみた。君がやろうとしているのは、競輪に三輪車で参加するようなものだ、と。競輪用自転車と三輪車は同じ「自転車」だけど、全然違うものでしょ?作りが違うから、競輪と同じスピードでは走れない。いろいろなことが違いすぎる、と。このノートパソコンは行ってみれば三輪車。乗ることはできるし頑張れば歩くより早く走れるが、競輪はできない。お母さんが仕事でしていることなどは問題なくできるパソコンだけど、君がしたいことはできない、と告げる。さらにガッカリしていた。

 

順番にお風呂に入る。日曜日は映画を1本みようと思っているけど、今晩は興味がひかれるものがなかった。昼にワインを飲んでいるのでもう一緒だから、お風呂上りにはビールを飲みながら今日図書館で借りてきた「月刊田舎暮らし」をじっくりと読む。むふふふふ…。今日一日、パソコンに振り回された日だったので、最後は紙でしめたかった。お陰様でかなりリラックスできた。やっぱり本や雑誌は、紙媒体が好きだ!!!