フリーライター関目いちこ、アレコレ語る。

パニック障害もちのフリーライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

AmazonPrimevideo×海外ドラマ「チャック」シーズン2 あらすじ&感想

 

f:id:sekimeitiko:20210217115151p:plain

AmazonPrimevideoで見ている海外ドラマ、「チャック」のシーズン2です!シーズン1は13話だったのに、人気が出たからかシーズン2はいきなり22話になりました笑 見るの大変か?と思ったのですが、コメディ要素が強いこのドラマ、さらーっと見れましたよ。最後の方は話も進むので、連続で見てしまいますしね。

 

ちなみに2021年3月現在、「チャック」は以下のVODで無料視聴可能です。

・AmazonPrimevideo・・・お試し30日間無料

*Amazonプライムビデオ無料体験はこちら *

・U-NEXT・・・お試し31日間無料

 

・Hulu・・・お試し14日間無料

 

お試し期間中に視聴し期限までに解約するのであれば、無料で見られますよ。以上、宣伝でした。

 

では、あらすじ&感想を!

 

目次

*「チャック」シーズン2 あらすじ

f:id:sekimeitiko:20210217115530p:plain

大学時代の友達・ブライスによって国家機密情報が詰まった「インターセクト」を自分の頭にインプットされてしまったチャック。NSAのエージェント・ケイシーとCIAのエージェント・サラに守られながら、今日も家電量販店のバイ・モアで働いている。

 

チャックは自分の頭からインターセクトを削除するために必死だが、毎日いろんな事件が発生、彼のインターセクトによる情報で世界を守っていた。周囲の目を惑わすためにサラとは偽装恋人のままで、手も出せず別れの未来しか見えていないチャックはサラにひかれながらも行動を起こすことができず、もやもやは頂点に!そんなとき、インターセクトの作り手である「オリオン」と呼ばれる人物のことを知り…。

 

*「チャック」シーズン2 キャスト

f:id:sekimeitiko:20210217115436p:plain

チャック・バトウスキー・・・ザッカリー・リーヴァイ

家電量販店「バイ・モア」で、時給11ドルで働く青年。頭が良く非常に優秀な成績でスタンフォード大学に在籍していたが、ルームメイトで親友だったブライスによってカンニングの罪にはめられ、大学を退学処分になる。ある日、そのブライスからメールが送られてきて、開けたところ国家機密「インターセクト」が展開、チャックの脳に全情報をインプットしてしまう。

 

機転が利き、豊富な知識の持ち主。心根が非常に優しく、周囲の人から人望はある。家族は父親が失踪、母親が家出をしており、姉のエリーとお互いを助け合いながら住んでいる。偽装恋人役のサラに好意を持っているが、いずれ別れる運命と手を出せずにいる。大学時代の初カノ、ジルとの再会で、サラと別れてジルと付き会うことに。

 

サラ・ウォーカー・・・イヴォンヌ・ストラホフスキー

CIAの美人エージェント。完璧なボディに明晰な頭脳を持ち、チャックの護衛を務めている。チャックの旧友・ブライスとはCIAのエージェント同士で恋人同士だった。格闘技と射撃の腕も抜群。何もわからずパニックを起こすチャックを優しくさとし守るため、チャックとは恋人という設定でバイ・モアの前にあるヨーグルト店で働く。父親は犯罪者で、本名はジェニーであることがわかる。

 

ジョン・ケイシー・・・アダム・ボールドウィン

NSAのベテランエージェント。階級は少佐。サラと共に任務に同行し、チャックの護衛を務める。短気で毒舌、無表情。破壊や武力行使を好み、チャックに止められることが多い。筋金入りの愛国者で、趣味は盆栽。ドナルド・レーガンを敬愛しており、自宅に飾ったレーガンの写真には必ず一礼する。

 

モーガン・グライムス・・・ジョシュア・ゴメス

チャック姉弟の幼馴染で、家電量販店バイ・モアの同僚でもあり、チャックの親友。背が低く髭面。友情に厚く人柄は悪くはないが、お調子者で口が軽いため人からの信用度は低い。チャックの姉・エリーに片思いをしているが、同僚のアンナと付き合うようになってからは気持ちに区切りをつけた。店長のビック・マイクが自分の母親と付き合うようになり、精神的に疲れ切っている。

 

エレノア・バトウスキー・・・サラ・ランカスター

チャックの姉で医師。愛称はエリー。チャックと同じ家に住み、支え合っている。知性派で前向きな性格。同じ医師の恋人、デヴォンがいる。

 

デヴォン・ウッドコム・・・ライアン・マクパートリン

エリーの恋人で医師。大学を首席で卒業し、アメフトやサーフィンなど運動全般をこなせる有能なイケメン。弟が2人いるが、エリー一筋でバトウスキー家で同居しているため、チャックを実の弟のように可愛がっていろんなアドバイスをする。

 

*「チャック」シーズン2 感想

f:id:sekimeitiko:20210217115818p:plain

ここからはネタバレを含みます。まだ視聴されていない方はご注意ください。

 

はい、シーズン2を見終わりましたー!おいおいいきなり23話になったんかよ!と最初は思ったのですが、相変わらず軽く面白いためサクサクと見れましたね。うんうん、とても優秀なエンターテイメント作品だと思います!

 

チャックはシーズン1で、せっかくインターセクトから解放されると思ったのに無理になってしまいました。CIAで爆発事件が起こり、サラの上司もなくなってしまうことに。仕方ないとは思いつつも、チャックはがっかりしています。しかし、ある日の仕事先で再会したのが大学時代の初カノ、ジルです。

 

おおー!!ジルはジョーダナ・ブリュースターさんなの!?いえーい、ワイルドスピードシリーズのドムの妹役の別嬪さんですね!この方、海外ドラマでの方がよくみるので、ドラマ女優さんだろうと思います。薄い唇が特徴的な黒髪美人ですね。そうなのか、チャックをこっぴどく振ったジルは君…。

 

ジルと再会したチャックは挙動不審ここに極まれりですが、ジルとはいやな別れ方をしたため、仕方ないですね。一方ジルは懐かしそうにチャックに対応します。任務でジルと近づけと将軍に言われてしまったチャック、大変な思いをしますが、やはりというかなんというか、またジルに恋心を持ってしまいました。もうラブラブですよ。サラへの恋心は一瞬で捨てたのか!?と呆気にとられるほど、サラの前でイチャイチャしまくります。嘘をつかなくていい相手というのが大変うれしかったんでしょうね。複雑な理由があってサラとは偽装恋人であると告げ、ジルも納得しているようですし。

 

しかし、なんとジルはフルクラムであることが判明!マジかー!お前まで!チャックはそれを知ったとき、「僕の周囲にはスパイしかいないのっ!?もう他の人はいない!?」と叫びますが、その気持ちはわかる。ブライスだけでなく、ジルまで…。しかし、ジルによって大学のときにチャックを手ひどく振ったのは、チャックを危険なスパイの世界から遠ざけるためであったことがわかります。ブライスもそうだったんですよね、CIAの任務からチャックを遠ざけるためにカンニングの罠をしかけてチャックを大学から退学させました。ジルは自分と付き合っているとチャックもフルクラムに巻き込まれると危惧し、チャックと絶交したブライスと付き合っていると嘘をついてチャックを突き放したんですね。ですから、実際にはジルとブライスはできてなかったことがわかったのです。チャックは茫然としてしまいました。自分の人生をめちゃくちゃにした大学時代のあれこれは、すべて自分をスパイの世界から遠ざけるためだったことがわかったのですから…。なまじ優秀だったために、目をつけられやすかったチャック。彼を大切に思う人たちはそれぞれ自分が嫌われる方法をとって、チャックから離れたわけです。おお~、だけどこれはちょっと可哀そう…。大学時代のそのあれこれのせいで、彼の人生は大きく狂ってしまったわけですしね。悪い方へ。しかも結局ブライスの馬鹿垂れのせいでスパイの世界に引きずり込まれてるし。

 

ジルが大好きなチャック、しかしフルクラムの一員であるジルは、チャックには愛情をみせてもCIAのサラには敵対行動をとります。バイ・モアのバックストアでサラを銃で狙っているところをチャックに見られ、ジルは愛するチャックの手で捕まってしまいました。チャックはサラに対し、愛情はもちろんのこと感謝の気持ちもあるので、その彼女を殺そうとしたジルが許せなかったのですね。ここがサラがジルに勝った瞬間…。ジルは刑務所へ送られました。

 

そしてシーズン2のメインともいえるのは、インターセクトを作った人物「オリオン」の存在ですね!10年間も世界中の情報機関から逃げている開発者のオリオンは、チャックに接触してきます。とにかく普通の生活に戻りたいチャックはサラやケイシーに黙って調査をしており、それが故にオリオンにみつかったのです。オリオンと会い、頭のインターセクトを削除してもらう…そうしたらバイ・モアをやめて世界旅行へ出て…とチャックの夢は膨らみますが、すんでのところでフルクラムに見つかり、オリオンは自分が乗ったヘリを爆破させます。

 

オリオンが死んでしまったことでインターセクト削除の可能性が消え、ショックのチャック…。だけど茫然とばかりしていられません。もうすぐ姉のエリーとデヴォンの結婚式が近いからです。姉のエリーは父とバージンロードを歩く夢を語り、寂しそうです。だからチャックは探してたんですよね、父の居場所を。自力では無理でしたが、サラが一時チャックの護衛を解除されたとき、規則違反を犯してCIAのデータベースでお父さんを探してくれていました!10年前、何もいわずにいきなり家出をして姿をくらました父!サラの協力のおかげで無事に発見できます。

 

砂漠にとめられたトレーラーハウス、父が住んでいるとの情報を手にし、サラとチャックは向かいます。ノックしても反応がないため、がっかりするチャック。慰めるサラをじっと見つめ…ようやく本物のキスを…と思ったところで、トレーラーの扉があきました!

 

おったんかいな!!今出てくんなや親父!(# ゚Д゚) はい、私がチャックの代わりに突っ込んでおきましたよ。

 

配役がよいですね。チャックを演じている方にもなんとなく似た父でした~。姉が結婚することを伝え、とにかく戻って式に出てほしいとお願いするチャック。父は最初しぶっていましたが、やがて承諾します。

 

エリーは父の帰還を願っていましたが、いざ顔をあわせると出てくるのは巨大な怒り。…まあ、当然ですよね。「お父さん!会いたかった!」とはなりませんよね、普通。「この馬鹿親父っ!一体どこに行ってやがったー!!」って叫びたいですよね、やっぱり。まあとにかく無事に和解?ではなくとも平穏にはなりました。

 

そしてあとでわかるのですが、この父が、実はオリオンだったというオチ!!出てきたときに若干そうじゃないかな~と思ってはいたんですよ。チャックと対面したとき、結構淡々としていたので。これは、息子の成長をどこかで見ていたんじゃないの?と思っていたんです。しかし父もびっくりしたでしょうね、自分が若いころ作り出したインターセクトが、息子の頭にインプットされているとなると。

 

父も、結局は家族であるエリーとチャックを守るために家出をしていたことが判明しました。フルクラムの手から家族を守るためですね。マジでチャックの周囲って、スパイじゃない人はお姉ちゃんのエリーと親友のモーガンだけなの??( ;∀;) すごいスパイ率高くない?まあ実際には父はスパイではなく、開発者・研究者ですが。すごい人だったんですね。

 

せっかく再会した父ですが、チャックを助けるためにフルクラムにつかまり、またお別れとなります。ただし父は新しいインターセクトを作るようにみせかけて、実際に作っていたのはチャックの頭の中のインターセクトを無害なものにするための装置。無事に成功し、なんとチャックはインターセクトから解放されましたー!!

 

すごいぞ父ちゃん!!ほんと、息子への愛なんだよな!

 

チャックが一般人に戻ったので、サラとケイシーの護衛も終わります。サラはCIAに戻りまたブライスと組んで新たな任務につくようですし、ケイシーは大佐に昇格し元々居た部隊へ戻るようです。チャックは寂しさを感じながらも彼らに「命を守ってくれてありがとう」とお礼をし、エリーとブライスの婚前食事会に誘いました。みんなうれしそうでしたね。よかったよかった。エリーとデヴォンの結婚式も、いろいろありはしましたがちゃんと挙げられました。この1年でチャックがしたスパイ活動による報酬をあてたようですね。まあ最初に予定されてた結婚式はチャックのせいで台無しになったので、仕方ありません。

 

チャックは念願だったバイ・モアの退職も果たし、あとは海外へ旅行へいくことに決めていました。改めてサラに気持ちを告げ、「一緒に旅に行こう」と誘いますが、サラは首を振ります。彼女はあくまでもCIAなんですよね…。サラも絶対チャックが好きだけど、そこまでの勇気はなく…。ただし、エリーの結婚式中に「行こう」と誘いにきたブライスの誘いも断っています。エリー達の結婚式を優先しました。決してチャックよりブライスを選んだわけではないということですよね。

 

ところが、アフターパーティーでブライスを迎えに来たCIAエージェントをみたチャックたちの父が、フラッシュ!この人、自分を実験台にしてたそうで、初期のインターセクトが入ってるそうですよ。何してんだ、開発者、あぶねーな。ブライスを迎えに来たエージェントはフルクラムの人間であることに気づきます。

 

すぐサラとケイシーはブライスを助けるために出発しますが、彼らもつかまってしまうのですね。ブライスは寸でのところで自分の危機に気づき、銃撃戦を繰り広げたあと部屋へ閉じこもって難を逃れていました。やっぱり優秀なエージェントなんだな、ブライス。外見がよいだけじゃないんだな…。しかし助けたくてやってきたチャックが部屋に到着すると、座り込むブライス。彼、撃たれてたんですね。ブライスの状態を知りチャックはパニックを起こしますが、どうしようもありません。そうこうしている内に、ブライスは目の前で亡くなってしまいました。

 

えー、マジか!ブライスが死んだーっ!!いやーん、マット・ボマー様ああああああ~( ;∀;) そのイケメンが、もう見られないのね…。ほんま悲しい…。

 

その部屋は、インターセクトルームでした。新しく作られたインターセクトをインプットする部屋ですね。ブライスが次は人間インターセクトになるはずだったんです。だけど彼は死んでしまい、サラとケイシーもつかまっている。チャックは一瞬めちゃくちゃ悩みますが、結局インターセクトを始動!またもや人間インターセクトになってしまいました。

 

あれだけ父ちゃんが苦労したのに…あんた、何してんだよ。そこから生きて出るためには仕方なかったのですが…いやはや。

 

サラとケイシーもつれてこられます。だけど銃口を向けられて、大ピンチのチャック!そこで新しいインターセクトが動き出すんですね。なんと、新しいインターセクトには武道の情報もインプットされていたようです。いきなりチャックがカンフーを始めました。次々と敵を倒し、サラとケイシーを助け出します!このときのケイシーの呆気にとられた顔ってば…笑 何もできなかった普通の人間・チャックが、自分より強くなっちゃったんですから、そりゃびっくりしますよね。

 

はい、ここでシーズン2は終わりました。せっかくインターセクトを削除したのに、またインターセクトをインプットしてしまったチャック。ブライスも死んでしまいましたし、これからどうなるんでしょうか。ってか父はもうそばにいるんだから、また削除してもらえばいいんじゃないの?と思いますが、それはシーズン3でトライするんでしょう。

 

シーズン2も、面白かったですー!いらんことばっかりするチャックにイライラ、そのチャックに優しいサラにイライラしましたが、それはそれ、満足度の高いドラマでした。むふふふ。では、シーズン3にいきますね。

 

*こちらもどうぞ