フリーのWebライター関目いちこ、アレコレ語る。

パニック障害もちのフリーライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

2021年4月23日

 

f:id:sekimeitiko:20210404185103p:plain

今は夫のヤオが入院中なので、ダブルベッドをひろびろ~と使える。真ん中に寝て、どれだけ激しい寝がえりを打ってもOK。だけど昨日も今朝も、目覚めたらベッドの右側、つまり普段二人で使っているときの私のポジションで寝ていた。…何でやろう…やっぱり寝心地の問題…?自分のにおいがポジションにはついてるとか?ベッドパットの凹み具合とか…?においだったら嫌だな。

 

ヤオがいないので、目覚ましもない。というわけで、仕方なく自分のスマホで目覚ましをセット。今のスマホにかえてから目覚まし機能を使ったことがなかったので、ちゃんと鳴るか不安だったけれど毎朝6時15分に起こしてくれる。だけど9日前に始めたツイッターを起き抜けに見てしまうので、結局起きるのは6時20分ごろになる。ツイッター、ウェブ作家をしていたときに作家名義でやっていたときは、フォローもフォロワーも現状よりはるかに多かったので(1500人くらいだったと思う)ものすごい量の情報が毎日流れていてついていくのに必死。とはいっても知り合い作家さんと繋がったり読者様がフォローしてくれたりなので自分やひと様の作品についての話が多く、結局疲れ切って2年程度でやめてしまった。なので今回は慎重に、と、誰のフォローもしなかったら呟いても反応ゼロ。まあ当たり前よね。というわけで、やはり気になる情報は欲しくていろいろとフォローさせていただく。あれって何も言わずにしちゃだめなの?そこがよくわからないけど、無言フォローをいうのをしていたら、ライターとしてのありがたい情報やパニック障害やうつ病の方の情報や気持が流れるようになり、良い刺激。この、ちょうどよい量というのが…難しいんだよね、ネットは。

 

いつもの朝の作業。子供らのお弁当を作って朝食を出し、御見送り。緊急事態宣言がでれば学校がどうなるかわからないので、何となくしんみりして見送る。夫も子供も、元気で留守がいいよな…本当。いくべきところに行ってくれることの、この安心感よ。

 

今日は週に1度の食料品や日用品の買い出しの金曜日だけど、ヤオがいないので車でいけない。私は単独外出も無理なので、仕方なく明日の夫の退院を待って無理を承知で連れて行ってもらおうかと思っていた。だけど、両親がついてきてくれるというので、ありがたくお願いする。チャリを3台連ねてリンリン部隊で11時から出動。先に両親へお礼にと、地元に新しくできた回転寿司屋に連れて行ったら、上の子・ジョウの学年のママ友が働いていてびっくり。お互いにあらまあ、と挨拶を交わす。このママ友は確か百貨店勤めだったはず…。いつもパリッとしたスーツを着て髪の毛一本も乱さず、にこやかでおしゃれな印象の人だった。なぜお寿司屋さんに?あれ?パート???と考えて、ああ、コロナの影響でお仕事を変わったのかもと気づく。コロナでの失業率はすごいらしいし、百貨店などは大打撃だったはず…。仕事がなくなって辞めたのか、人員整理にあったのかもしれない。私達の子どもらは今から学費がかかるし、あちらの家も子供さんは複数いらっしゃる。そりゃ何でもいいから仕事!ってなるよねと何となく悲しくなったけど、とりあえずお寿司を食べた。で、帰り際にまた挨拶をしたあと、別に悲しむことはないのかとも思った。今、仕事をしてらっしゃるし。もしかしたら自分で転職されたのかもしれないし。ワケも知らずにこっちが勝手に悲しむのは、なんというか傲慢だよなと。

 

そのあと、買い物へ。今日は100均はスルーしてドラッグストアと業務スーパーだけにする。育ち盛りの子供が2人、よく食べる夫がいる我が家の1週間分なので、業務スーパーだけで結構な量になるから。100均までよっていたら、多分自転車の籠には荷物が乗らないだろう。両親が「わかってたけど、やっぱりすごい量やね」というくらいに買いこみ、チャリを連ねて帰る。お茶を出し、しばらく話したら両親は帰っていった。付いてきてもらえて、大変助かりました。

 

眠いのを我慢して、修正依頼が来ていた記事の訂正、それから構成の提出をこなす。どちらも時間がかかるものではないのですぐに終わって、メールを見たら父から原稿が来ていた。お城のブログ、今回は和歌山城について。ありがとうとメールを返し、父の原稿を編集しまくる。全体的に言葉が難しいうえ、1文がとても長くて内容の順序もバラバラ…。自分の初期のころ(小説を書きだしたころ)を思い出しながら編集。たまにこれでも自分で本を出していたのか!と毒付きながらやる。子供の頃は、趣味で本を書いて出版していた父を尊敬し、憧れの念を持っていたけれど…。いやいやいや、文章、ひどいよおとん。一体どんな本を出してたんだ、大丈夫だったのか?ぶつぶつぶつ…。

 

3時にネコにおやつ、私もパソコンに飽きたので家事。洗濯物を取り込んで植物たちに水やりをし、花がら摘みをしたらお風呂の準備。それから台所。お皿を洗って片付ける。今日はご飯を炊かなくていい日。明日はお弁当が不要だから!冷凍している余りご飯を解凍して使うつもり。

 

 子供らが帰宅。下の子・ボンはソフトテニス部に入部したけれど、なんと1年生はまだ自分しかいないという。え?!マジで!?テニス部って多いイメージあるわあ!と驚くと、ジョウが「うちも最初は一人だけやったで。ゴールデンウィークあけてからよ、皆が部活きめ出すのは」ていう。そうだった?へえ、そういうもんか…。

 

そしてさらっと、明日はテニス部で試合だから、朝5時50分には家出ます~というジョウ。なんだってー!!明日は土曜日で、ようやく学校がなくて弁当を作らなくていい日なのに、そんな早く出るの!?それに試合ってことは弁当もいるのでは…!??と恐れおののいていたら、うんと簡単に頷きやがる(失礼)。嫌だよー、ぶーぶー、今日ご飯炊かないんだよーというけど、宜しくと話を終わらせるわが子。ガーン、どうしよう、ちゃんと私は起きて子供に御昼をもたせられるだろうか…。

 

順番にお風呂へ入る。明日はヤオが退院して戻ってくるけれど、しばらくはお酒も飲めないだろう。私もそれに付き合うつもりなので、今日は飲むことにしてビールを2本飲んだ。お風呂あがってからワインもちょーっと飲んで、明日のために寝ることにする。

 

5時には起きなきゃ…。そしておにぎりやサンドイッチといった持運びやすく食べやすいお弁当を作り、上の子に持たせて見送らなくちゃ…。できるのか、私よ。