Sekime blog~パニック障害のWebライター、アレコレ語る~

パニック障害もちのフリーWebライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

フォロワーさんのキャンペーンで当たった資金を使って本の購入! 買ったのはこんな本!

f:id:sekimeitiko:20210911165031j:plain

私がTwitterを始めたのは今年、2021年の4月14日のこと。

Twitterを始めた目的は、ずばりこのブログの宣伝です。

私が書く雑記ブログは、パニック障害(病気になる人は多いけれど楽しい話題ではない)とWebライター(リアルでは周囲にいる人で同業者に会ったことがない)のお仕事についてがメインのため、とにかく読まれないことが悩みの種でした。

どれだけ一生懸命記事を書いても、読まれないことには意味がないですよね…。

ブログをするのは今回が初めてではないので、1年くらいはほとんど読まれないということは分っていましたが、そろそろ1年経つよ~ってときになってもはてなでの読者様も増えなければ検索からの流入もない。

なんならPVゼロの日なんてザラにある、という状態でした。

どうしたもんかなあ…(-_-;)

そう本気で悩んでいたあるとき、「ブログするならツイッターはすべき」という記事を読んだのですね。

私、人様には「素直」と言われますし、自分でいうのもなんですが決断力と実行力はある人間です。

その日のうちにツイッターでアカウントを作成し、パニック障害持ちのWebライターとして活動することにしました。

 

とはいえアカウントを作ってからは、日々ライティングについての情報を集めたり、同業者さんたちとの雑談が楽しく、あまりブログの宣伝はできていません。

Twitterを始めた目的は達成できていない(;´Д`)💦

一応、以前のように1カ月でPV10くらいという底辺レベルは脱出できたのですよ。

しかしツイッターのフォロワー数は増えても、ブログのPVは相変わらずパッとしないという日々です。

Twitterを始めたことはまったく後悔していませんが、当初の目的は忘れつつありますね…。

まあいいやと思ってます。何せ楽しいので(*‘∀‘)💛

 

正直、私はライティングを始めて10年になるので、自分でも知らないうちにライティングでの重要なことやクラウドサービスの使い方などは知識がついていました。

そのためライターアカウントのタイムラインに流れる溢れんばかりの「ハウツーライティング」はほとんど役に立ってません。

だけどブログに関しての情報や大成功しているブロガーの無料のメルマガなんかが読めること、そしてパニック障害やうつ病で悩んでいる方、戦っている方々と繋がれてやり取りできることは、得難い喜びがあります。

 

それともう一つ!

ツイッターにはいろんなタイプのライターさんがいます。

コピーライター、SEOライター、シナリオライターなどなどですね。

↓ライターの種類に関してはこちらをどうぞ。

さらに、専業・副業のブロガーさん達もたくさん!

彼ら彼女らが普段読んでいる本やメルマガをツイートで紹介してくれるので、「暇だな~なんか本を読みたい」(私は何でも読むタイプ。自己啓発本なども好きですし、経済学も好きです)と思ったときに、「次はこれ読もう」ってわくわくする発見があるのですね。

そしてなんと、Twitter上ではいろんな嬉しいイベントやキャンペーンがどんどん企画されています。

先日、結構初期から私とFFのサワシンさんが行っていたその1つに応募して、なんと当選!

 

自己投資のための軍資金をいただけましたー!

嬉しいいいいいいいいいいいいいいい~っ!!!(´;ω;`)

 

サワシンさんは底辺から脱出の過程をブログで書く! をしてらっしゃいます。

ご本人様からの承諾を得られたので、ここでブログを紹介しておきますね。

sawamura-shin1226.com

こちらのブログは本当に面白いですよ!ちょっと奥さん!(*‘∀‘)

サワシンさんはミニマリストでもあり、健康のためにと半年ほど1日1食生活も実行したことのあるツワモノ!

ライフハックなど、ためになる情報がたくさん書かれたブログを運営されています。

一番いいのは、ご本人に暗さがないことでしょうか。

まったく嫌味や悲壮感なく、自分にできることを淡々と行い上を目指してらっしゃる方です。

謙虚かつ素直。

私がいつも勇気を貰っているブロガーさんです。

 

そんなサワシンさんのキャンペーンに当選し、何を買うかを1週間近く悩みに悩んで、結局購入したのはこの2冊です。

f:id:sekimeitiko:20210911163637j:plain

「FUCT FULNESS」はビル・ゲイツさんが大絶賛し、2019年にミリオンセラーとなった名著。

ビル・ゲイツさんはこの本を大卒の希望者全員にプレゼントするほどのお気に入りだそうです。

ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド 著/

上杉周作、関美和 訳1,800円/日経BP

 

本の内容は、普段私達が「こうだ」と思い込んでいることの、事実をちゃんと知ろうというもの。

ネットの普及で昔より早いスピードでさまざまな情報が氾濫する現代において、データ(数字)を基にして正しく世界をみるスキルを養えます。

本では、人間が持つ10の本能を紹介しているのですね。

たとえば「世界は分断されているという思い込み=分断本能」や「世界はどんどん悪くなっているという思い込み=ネガティブ本能」など。

自分たち人間はこの10の本能のせいで「こうだと思い込んでしまう」のだと気づき、データによる本当の姿、世界の真実を見ようと思わせてくれる本です。

 

そして興味があったので一緒にぽちってしまったのが、「そそるマーケティング」。

著者の電通感性工学ユニットが広告業務で培ってきた「人をそそる」方法に、人の感性の研究をすすめる「感性工学」の視点をプラスして、人間の頭の中のブラックボックス「脳内会話」をモデル化した内容を書いています。

簡単に言うと「どんな情報がヒトのココロをそそるのか」(同書はじめにより引用)について書かれた本。

気になりますでしょ?

なるっていって。

いやほんと。

私は結構操りやすい人間だと思うのですよ。

そのためいろいろな危機からわが身を守り、あわよくばブログで大成功! を収めたいなと思って購入を決めました。

電通感性工学ユニット 著/1,600円/ダイヤモンド社

そそるマーケティング

2冊ともね、届いたその日に飼っている愛猫に踏まれ(表紙に傷がつき)、ファクトフルネスにいたっては帯をなくし、読みだして1日経ってから「そうだ! 買わせていただいたお礼のツイートしてない!」と気づいた次第です…。

すみません。読み終えたら感想は述べようと思っていたのですが…(-_-;)

 

しばらくは読む本がたくさんあるぞう! と喜んでいる私です。

サワシンさん、本当にありがとうございました!

しっかり勉強しまーす!