Sekime blog~パニック障害のWebライター、アレコレ語る~

パニック障害もちのフリーWebライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

AmazonPrimevideoで「ミスター&ミズスティーラー」を観た!

f:id:sekimeitiko:20211123121552j:plain

普段は日曜日が映画ナイトなのですが、最近の私はツイッターで出会ったライターさんたちと飲み会だお茶会と楽しんでいるため、日曜日以外を映画ナイトにすることにしました。

飲み会が楽しすぎて、映画への欲求を超えた…。

海外ドラマも相変わらず観てはいるのですが、昔視聴していた「メンタリスト」を観直ししたり新しいドラマに手を出したりでふらふらしていて、記事が書けるほどではない。

というわけで、昨日観た「ミスター&ミズスティーラー」について書いていきます!

 

VODはAmazonPrimeVideoです。

 【Amazonプライムビデオ】(月額500円・お試期間無料31日間)

Amazonプライムビデオ無料体験はこちら 

 

感想の第一声としては、「うーん……」でした('ω')

というのはね、期待していたものとは違ったから。

アマゾンプライムで何か面白そうなものをと探していたときに見つけたのは、こんなあらすじ広告でした。

 

「テオ・ジェームズとエミリー・ラタコウスキーのW主演。大胆に、華麗に、盗め。天才美術品泥棒と超美人詐欺師が一発逆転の強奪計画に挑む超一級強奪エンターメインメント。ラスト15分、あなたもこの2人に騙される」

引用:AmazonPrimevideo「Mr.&Ms.スティーラー」紹介文

 

これ読んで私が思ったことは、かの有名なブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが組んだスタイリッシュ映画「ミスター&ミセススミス」みたいなやつかな~でした。

なので、あ、違ったわ( ;∀;) という感想が大きかったんですよね。

その点が残念。

ゆーてもこっちで勝手に期待して裏切られたわけですが。

 

・天才美術品泥棒→OK。確かにそのようだった

・超美人→激しく同意。ものっそ別嬪さんだった

・詐欺師→?ん?彼女は追い詰められて手癖が悪くなった女優であったけど詐欺師ではなかったよ

・強奪計画→強奪をしようとしたのではなく命を守るために結果的にそうなっただけ

・ラスト15分あなたも2人に騙される→手の内はほぼ公開されてて別に騙されなかったけど

 

こんな感じでつっこんでしまいましたー。

宣伝を書くとしてももうちょっと正しく書いた方がよかったのではないかなー、と思います…。

 

話は単純で、とくにひねりはなし。

泥棒の父の後始末をつけるため、父の雇い主であるギリシャ人の元締めにこき使われる美術品泥棒は、その立場から抜け出たいと思っている。

そこに精神疾患と薬物依存を持つ兄が施設から追い出されたので居候となり、余計頭痛がでる。

一方、ハリウッドで有名になりつつあった女優はエロプロデューサーの誘いに乗って自宅へいったけどセックスする気はなく、隙をついて逃亡。

そのさいに仕返しとしてプロデューサーの妻のネックレスを盗んで自分の下着を置いて帰った。

当たり前に全部バレ、ネックレスを返却するか25万ドル支払えといわれ、カジノでチップ泥棒をしたりエロ映画に端役で出演して返済中。

この二人が複数の場所で出会って顔見知りになる。

美術品の泥棒は元締めにたてついたからと脅され身の危険を感じだして、何とか命を守ろうとする。

そこへ自分を追うFBIが登場し、親玉を売れと話してきて…

というもの。

それだけ。

あとはその元締めをどうやって退治するか、ってのが見どころの映画だったのですね。

だけどそれが別に見どころではなかったという…。

 

美男美女が主演で確かにスタイリッシュなのですが、やっぱりどうしてもブラピ&アンジーの映画と比べちゃうよね!

あっちは話が大変面白かったうえに美男美女で、世界最悪の夫婦喧嘩など見どころが多かった。

結果的に夫婦はやっぱりラブラブで、笑いもハラハラも散りばめられてて気分よく終われる一級の映画になってましたよね。

それと比べると…うん、最後まで観られるけど、面白い映画ではなかったです。

 

主演の美男美女をひたすら愛でる映画、としてはよかったと思います。

しかし脚本がいまいちだと、99分はつらいよね、やっぱり。

兄が最後だけいきなり絡んでくるし、怪しいと思いながらついてくる元締めもダメすぎるし、んな分けあるかーい!って箇所が多すぎて、評価としてはB-。

 

目の保養にはなりました(*‘∀‘)b

 

うーん、ちょっとこれが起爆剤となったので、次はブラピ&アンジーの殺し屋夫婦の映画をみようーっと。

 

というわけで、「ミスター&ミズスティーラー」の感想でした。

何も考えずに観られる映画、目の保養のための映画を探している人にはおすすめです。

 

*こちらもどうぞ