Sekime blog~パニック障害のWebライター、アレコレ語る~

パニック障害もちのフリーWebライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

会計ソフト「やよいの青色申告オンライン」とは? 使い方や感想・他の弥生シリーズも紹介!

f:id:sekimeitiko:20210526103920j:plain

無事に2020年分の確定申告が終了しました!

やった!

今年は初の青色申告だったので、ドキドキしながら行ったのですが…。

とりあえず、成功したようです。

使ったのは白色申告のときからお世話になっている「弥生」シリーズの「やよいの青色申告オンライン」です。

 

感謝の意も込めて、ここでは弥生の会計ソフトについて紹介していきます。

あと、個人的な使用感想なども。

やよいってどうよ? と悩んでいる方の、特に開業したばかりの方の参考になれば幸いです。

 

目次

 
*弥生って?

はてな, 考える, 疑問, 困る, 悩む, 不安, 日本人, 質問, クエスチョン, 企画

弥生会計といえば、最も支持されている会計ソフトとして有名ですね。

私のような夫の扶養内でフリーランサーとして働く個人事業主から、大手の法人までたくさんの方が使っています。

2020年3月時点では、無料会員も含めるとなんと200万以上のユーザーがいるそうですよ(by:Wikipedia)!

 

弥生シリーズはたくさんあります。以下が商品一覧。

 

・パッケージ製品
弥生会計
弥生販売(中小規模法人向け販売管理ソフト)
弥生給与(中小規模法人向け給与計算ソフト)
やよいの青色申告(個人事業主向け会計ソフト)
やよいの給与計算(スモールビジネス向け給与計算ソフト)
やよいの見積・納品・請求書
やよいの顧客管理(顧客管理ソフト)

 

・クラウド製品
弥生会計オンライン
やよいの青色申告オンライン
やよいの白色申告オンライン
やよいの給与明細オンライン
Misoca(見積書・納品書・請求書)

 

・スマートフォンアプリ製品
弥生会計オンライン
やよいの青色申告/白色申告オンライン
通いレシート取り込み


私が税務署に開業届を出して以来お世話になっているのは、クラウド製品の「やよいの白色申告オンライン」と「青色申告オンライン」です。

 

どちらも大層使いやすく、お陰さまであまりイライラすることなくスムーズに確定申告を終えることができました!

 

・弥生シリーズの強み

1、操作が簡単

何と言っても操作が簡単です。

確定申告のときにも「ステップ1」「ステップ2」という風に順番に出てくるので、言われるままに入力していけばいいだけ。

注釈もいろんなところで出てきますので、「これって何? 」という疑問をその場で解決できました。

 

2、安心

消費税改正などにもスムーズに業務が行えます。

サポートが非常にしっかりとしているため、こちらが素人でも安心。

業界最大のカスタマーセンターを持っており、いろんな質問に答えてくれますよ。

 

3、頼りになる

全国の税理士や会計事務所が推奨しているソフトが、弥生。

8700件の税理士や会計事務所とパートナーシップを結んでおり、無料で税理士や会計事務所を紹介するサービスも行っています。

いざというときにプロの手を借りれるため、非常に心強いでしょう。


*「やよいの白色申告オンライン」とは?

f:id:sekimeitiko:20210428120603j:plain

↓↓白色申告オンラインはこちらから↓↓

 

クラウド製品の1つ、「やよいの白色申告オンライン」は白色申告をするための会計ソフトです。

以前は有料だったんですね。

しかし2017年から完全無料で基本的な機能がすべて使えるようになっています。

素晴らしい! ( ゚Д゚)✨

マジで、ありがとうございます!

ただし、無料バージョンでは電話やメールによるサポートは受けられませんので注意が必要。

 

とはいえ、白色申告は帳簿も不要ですし、サポートを受けたいというほど困ることがないほどソフトがしっかりとしていますので大丈夫でしょう。

私もずぶの素人ですが、人によるサポートの必要性を全く感じませんでした。

 

・セルフプラン・・・永年無料

確定申告が作成可能


・ベーシックプラン・・・8,000円/年

確定申告・操作質問が可能

 

白色申告オンラインは、のちに青色申告オンラインへ移行する場合、データの移行がスムーズに可能です。

 

*「やよいの青色申告オンライン」とは?

簿記, 会計, 税金, 決済, 電卓, お金, ビジネス, ファイナンス, 請求, ドキュメント, オフィス

↓↓青色申告オンラインはこちらから↓↓

 

開業1年目は白色申告でお世話になり、翌年からは青色申告になれるため、そのままデータを青色申告オンラインへ移行しました。

青色申告には複式帳簿が必要ですよね。

高校2年生で数学とおさらばした私のような人間にはエベレストに登るよりも難しいことですが(これは言い過ぎですね…)、青色申告オンラインを使えば簡単です。

 

特長は、銀行明細やクレジットカードなどの取引データの入力が自動で行えること。

また、仕分けも自動でしてくれますので悩む必要がありません。

確定申告も画面の案内に従って入力していくだけ。

控除額なども自動で計算してくれます。

 

・セルフプラン・・・8,000円/年
確定申告が作成可能


・ベーシックプラン・・・1,2000円/年
確定申告・操作質問が可能


・トータルプラン・・・20,000円/年
確定申告・操作質問・業務相談が可能

 

自動で入力してくれるというサービスね、しばらく使ってなかったんです。

ちまちま自分で「簡単取引入力」をしていました。

それでも十分簡単だったのですが、11月ごろにふと思い立って使っている銀行を登録し、自動入力機能を使ってみたんです。

 

「おおーっ!! 」(´゚д゚`)

と驚いてしまいました。

…めっちゃ簡単に、するーっと全部入った…。

最初からそうすればよかった…と後悔。

自動入力、ぜひ使ってみてください。めちゃ便利です。


*1年間「やよいの青色申告オンライン」ベーシックプランを使ってみた結果

スマイリー, 絵文字, 怒り, 怒って, 不安, 感情, ボール, 穏やかな, 文字, 陽気です, 混乱

やよいの白色申告から青色申告への移行で、キャンペーンがあったため、年会費4,000円になるとのことで青色申告ベーシックプランにしていました。

2020年分の確定申告は、これでしようと考えたのですね。

 

理由は以下の2つ。
・初めての青色申告なので、サポートが必要と感じた
・キャンペーンで思ったよりコストが低かった

 

何よりも私は簿記的知識が皆無であるというところが、非常に心配でした。

ベーシックプランであれば、電話・チャット・メールによる操作サポートや画面共有サポートなどが使えるため、「困った!! 」ってなったときに頼れるな、と思ったのですね。

 

結果的には、良かったです。契約して正解でした。

 

ただし、チャットは使えませんでした。

いつ書き込みをしても「ただいま混雑しております」の文字が出て、担当の方は一向に出てきません。

私は短気ですし、わからないなら自力で調べたいこともあり、結局チャット機能は一度も使えず。

メールで問い合わせに変更しました。

メールでしたら、返信を待つ間も待機の必要はないですしね。

 

メールは基本的には、17時30分までの受付ならその日のうちに返信してくれます。

それ以降であれば翌営業日ですね。

私も2回メールで相談をしましたが、その日のうちに返信をくれて説明も丁寧でした。

ただし、1回目は問題が解決しなかったため、電話によるサポートに話が動いたのですが、電話があちらからかかってくるまでに自力で解決できたため、電話での応答の質はわかりません。

受け答えは非常に丁寧でしたよ。

 

私が困ったのは、やよいが用意してくれたe-taxができなかったこと。

「マイナンバーカードを読み取れません」のエラーがずーっと出ていたんですね。

でも私のマイナンバーカードの情報は「有効」だし、他のサイトならちゃんと読み取ってくれる。

どういうことだ!? と焦りました。

 

やよいが示してくれている対処法をそれぞれ3回ずつ行いましたが改善せず(それだけで半日使いました。焦りと不安でハゲるかと思いました…)。

仕方なくやよいからのe-taxは諦めてデータを貰うだけにし、国税局のサイトでやよいのデータをアップロードして確定申告をしました。

 

そのときにメールでの相談を行いましたが、その他は1年間まったくサポートを必要とせず。

結局最後のマイナンバーカードを読み取ってくれない事態も解決はしなかったので、サポートは不要かなと思います。

 

まあ、サポートが不要なほど、ソフトが優秀ともいえる…。

私が扶養内で働いていることも理由ではあるでしょう。

さほど高度な会計知識がいらないということで。


・今年はセルフプランにします

 

以上のことがあったため、今年はベーシックプランではなく、セルフプランの契約をします。

いや、しました。もうお金は払った!

 

やよいシリーズを使っている方が多いため、少々のわからないことはネット検索すれば解決策が見つかったのも大きかったですね。

帳簿が分からなくても「弥生」と「〇〇やり方」を検索窓にいれれば、大量のこうすればいいという方法を教えてくれるページがヒットしましたので。

いやあ、いい時代に生まれたものです。

これが昭和だったら、もっと大変だったはず…。

 

*請求書作成ではMisocaが使い勝手良かった!

電卓, お支払い, 領収書, 請求書, 債務, カウント, 数学, 計算します, 計算, 領収書のブロック

フリーランスで活動しているため、ランサーズなどのクラウドサービスを使わずクライアント様と直接契約をすると、請求書を作る必要があります。

 

どうしようかな、と思ったのですが、ウェブライターを始めるまではパソコンにも触ったことがなかった私は、エクセルが使えません。

自分で作れればいいんですがそれが難しいため、弥生シリーズにあった「Misoca」を使いました。

↓↓ミソカはこちら↓↓

 

Misocaにも無料プランがあり、月刊請求書作成5通まで作成可能です。

私が請求書を送る必要があったのは毎月2通だったので、これで十分。

請求書の郵送や決済サービス、操作サポートなどは受けられませんが、いずれも不要でした。

 

こちらも非常に操作が簡単!

私でもできました。(*‘∀‘)

と言われても私のレベルの低さは分からないと思いますが…。

とにかく、簡単です。

やよいユーザーで毎月5通以内の請求書や見積書であれば、Misocaがおすすめですよ!

 

*フリーランスの確定申告を楽にしてくれる会計ソフト弥生シリーズ!!

f:id:sekimeitiko:20210110161305p:plain

今年も弥生の会計ソフトに様には非常にお世話になり、明日源泉徴収分が還付されると税務署からお知らせがきたので、嬉しさのあまりおすすめ記事を書きました。

 

弥生の会計ソフト、おすすめです。

キャンペーンもいろいろとやっていますので、まずは無料で試してみてくださいね。

 

 

 

*こちらもどうぞ