Sekime blog~パニック障がいのWebライター、アレコレ語る~

パニック障がいもちのフリーWebライターです。仕事のこと、健康と病気のこと、日々のこまごまとしたことや趣味を綴っていきます。

フリーWebライターって稼げるの? 各ライターの年収はどのくらい?

f:id:sekimeitiko:20210611223209j:plain

2019年の4月に最寄りの税務署に開業届を出し、以来「職業は?」と聞かれると「フリーライターです(もしくはWebライター、自由業です)」と答えるようになった関目です。

 

そこで、たとえばママ友などに少々遠慮がちに聞かれることの多くは、「フリーライターって稼げるの?」という話ですね。

なにせ、私が現在

自宅にいて

子供が帰ってきたときに迎えられて

「何なら習い事の送迎も可能で」

家事も合間にできる

わけですから、家事・育児・仕事の3コンボに疲弊しているママ友にしてみれば、そんな都合の良い仕事で稼げるなら自分も頑張ってみたい! という思いがあるわけです。

 

私はあまり気にせずなんでも話してしまうタイプの人間です。

なので自分は夫の扶養に入っていて、その中でおさまるようにしているとすぐに答えますが、一般的にはどのくらい稼げるのだろう? と少しばかり期待を持って瞳を輝かせる方もいるのですね。

 

というわけで、調べました。

フリーライターの年収はどのくらいか?

稼げるのか?

という内容をお伝えします。

 

  

*フリーライターとは? その種類を紹介

オフィス, ペン, 紙, ビジネス, 仕事, ノートブック, メモ帳, 鉛筆, コーヒー, カップ, 朝

そもそもフリーライターと一言で言いましても、実にさまざまなライターがいます。

現在、2020年においてはウェブライターのことを指すことも多いですが、種類としては以下のようになっています。

  • 取材・イベントライター
  • メディカルライター
  • コラムライター
  • セールスライター
  • SEOライター


取材・イベントライター

取材をし、原稿に書き起こすライター。

写真撮影などを込みのケースも多く、人と話して必要な情報を引き出し、内容をまとめる能力が必要。

取材場所の選定や交渉からすることもあり、1件の仕事に経費や時間がかかることが多い。

 

メディカルライター

健康や医療に関する専門情報を書いて紹介するライター。

現役の医者や薬剤師、整体師など、専門の資格を持っている方が多い。

何よりも正確性を求められる。

 

コラムライター

紙・WEBを問わず雑誌や新聞などに依頼されてコラムを書くライター。

基本的には既に影響力がある有名人やインフルエンサーに依頼し、連載を持つ形になる。

内容は自由であることが多く、人気がでれば書籍化される。

 

セールスライター

LP文章や構成を作って書くライター。

専門家で、他のライターに比べると仕事の単価が高く稼げることが多い。

 

SEOライター

SEOを意識し、依頼された内容を調べて記事を書くライター。

ワードプレスやドキュメント、ワードやエクセルなどの知識を持っていればなお良し。

 

*それぞれのライターの平均年収は?

お金, ホーム, コイン, 投資, ビジネス, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金, 家

 では上記それぞれのライターは、どのくらいの金額を稼いでいるでしょうか?

これはまあ、人やライティングの種類、稼働時間や発注先の経済力によって大きく違うというのが事実です。

しかしそれでは身も蓋もないので、転職サイトや収入白書などいろいろと調べて無理やり平均年収を出した結果、以下のようになりました。 

 

各ライター平均年収目安

  • 取材・イベントライター・・・216万円~(1件1,2000円~)
  • メディカルライター・・・400万円~(顧問契約することが多い)
  • コラムライター・・・80万円~(文字単価2円から10円とばらつきが多い)
  • セールスライター・・・500万円~(文字単価10円以上もしくは売り上げの何%という契約もある)
  • SEOライター・・・18万円~(文字単価0.5円~3円程度とばらつきが多い)

条件として、月15本・1件2000文字程度・12ヶ月での単純計算です

これにクラウドサービスを使えば手数料が引かれたりといろいろ変わってきます。

 

ダントツで稼げるのはセールスライターですね。

私のような主婦をしていたフリーライターでも努力をすればなれるでしょう。

実際に、独学で勉強してスキルを身に着け、会社に営業をかけてセールスライターとなり、開業届をだしてから3年で年収800万円を稼ぐようになった女性もいます。

 

その他、それを本業として副業なしでご飯が食べられるのは、取材・イベントライターやメディカルライターなど。

資格や技能がいろいろと必要ですが、人と話すことが好きで写真も撮れるよ、という方は目指してみても良いのではないでしょうか。

いろんなところに仕事で行けますし、人脈も広がりそうですね。

 

SEOのWebライターは上記の条件では年収がなんと18万円~となっています。

しかしこれはあくまでも最低レベルのお話。

SEOライターには専業ライターも副業ライターも多くいて、専業ライターであれば数百万円は稼げるというのが一般的です。

たとえば薬事法を勉強するとかFPの資格を取るとか、さまざまな努力のやり方があります。

努力次第でその分野の専門ライターになることができれば、やはり稼ぎが上がっていくでしょう。

毎月血を吐くような努力で記事を大量に書き、月に50万60万を稼いでいる方もいますね。

最初はやはりきついですが、文字単価があがれば自然と余裕もでてきますので、一概にSEOライターは稼げないというのは違います。

ライターになってからいろいろと資格を取る方もいらっしゃいますよ。

 

ちなみに一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が出している「フリーランス白書 2019」によると、各種フリーランスの業種別収入図はこのようになっています。

f:id:sekimeitiko:20211001122229p:plain

出典:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書 2019」

 

この表で、文筆系フリーランサーは年収200万円以下がもっとも多くなっていますね。

しかし1000万円台の年収を稼ぐ方がいることも見て取れます。

この白書にはフリーランス全般(法人経営者、個人事業主、すきまワーカー)を対象にしたさまざまなインターネットでのアンケート結果がのっていて、読み物としてもおもしろいですよ、一度、どうぞ。 

 

*関目いちこはどんなライターで年収はどのくらい?

猫, 甘い, ハローキティ, 動物, ネコ, 舌, リッキング川

 ちなみにワタクシ、関目いちこは何の専門知識も資格も持っておらず、当然インフルエンサーなどでもありません。

つまり履歴書をかけば資格欄はほぼ白紙という主婦上がりの女が、いきなりWebライター業界へ飛び込んでからやってきたのは、SEOライターという種類です。

 

とはいえSEOを意識して勉強しながら書き、直接先方から依頼されることが増えたのも、2019年に開業届を出して本腰を入れ始めてからの話。

それまでの6年間は本のレビューとかドラマの感想、商品の説明といったSEOを必要としない案件ばかりを扱っておりました。

当然、記事単価はほぼ最低限でしたよね。

その頃は、まあ本業でなかったこともありますが、月に1万円が稼げたら「自分の医療費になる~」と喜んでおりました。

 

私はパニック障害を持っているため単独で外出できず、自宅でできる仕事と考えてライターを目指しました。

ですので、取材などができません。

電話での営業も難しく、対面での面接は受けられません(パニック症状が出て酷い緊張状態になり、会話ができなくなる)。

 

つまり「できないこと」を省いた結果、取材・イベントライターやメディカルライター、コラムライターはまず消えます。

残されたのはSEOライターとセールスライターですね。

ところが、セールスライターは大きな契約金となることが多いため、面前での話し合い、仕事の条件や具体的内容を決めるための顔合わせがほぼ必須です。

私はそれができない状態。

というわけで、特に選んだわけでもなく自動的にSEOライターになったのです。

 

そして私の年収ですが、現在は約100万円です。

以前他の記事でも述べましたが、夫の扶養内で彼の税金が上がらず、私も1円も税金を支払う必要がない金額として、年収は80万円~100万円までと決めています。

※2021年9月現在、今年は130万円ギリギリになる予定。来年は扶養から出るかで悩んでいます。

上に書いたように、SEOライターの年収が18万円からというのは、あくまでも最低金額ですよ。

条件に挙げたように2000文字を月15記事しか書かないのは、もし専業ライターだったとすれば暇でしゃーないよね。

1日1記事書いたとして、あと15日は一体何をするんだって状態の、年収です。

文字単価が0.5円か3円かでは6倍の差があるので、同じ2000文字でも1000円の報酬か6000円の報酬かという差があります。

もし同じ2000文字を月に15記事でも、文字単価3円だとすると年収はざっくり216万円ですからね。

どーんと上がりますよね。

それで毎日1記事納品を15日繰り返し、あと15日は寝て暮らせるならいい商売…笑

副業でSEOライターをしている社会人の方でも、多くの方は月に5万円ほど、年にして60万円くらいは稼いでらっしゃるのではないでしょうか。

 

私は、2019年は青色申告ができず白色申告で控除が少なかったため、収入は70万円までにおさめようと計算してお仕事をとりました。

2020年は青色申告ができるため、経費を入れれば120万円までは大丈夫なはずです。

ですので経費ぬいて、100万円程度になるようにしようと思っています。

※2022年3月追記

2020年は青色申告で年収120万円所得98万円に抑え、2021年は青色申告で年収128万円所得98万円に抑えました。

 

いやあ、月に1万円が稼げればよく頑張ったと喜んでいた数年前の私、よくここまで成長したなあ!

2020年からは、月に10万円から13万円は稼ぐようになりました。

もちろん自分にかかる医療費やお小遣いは稼ぎから出せますし、子供の教育費を貯金することだってできるようになりました!

素晴らしい~よく成長したものだ、と自画自賛です。

 

文字単価と記事単価

現在私が受けているお仕事は、文字単価のものと記事単価のものがあります。

文字単価でお仕事をくださる方が、報酬は高いですね。

書いた分だけお金になりますので。

 

今年(2020年)受けた依頼で最も文字単価が低かったものは、0.6円でした。

そして一番高い文字単価は3円です。

あれは嬉しかった!

だって同じ2000文字書いたとして、1200円か6000円かの違いですよ。

使う労力が同じなら、この差は大きいですよね。

 

しかしどちらもランサーズというクラウドサービスを利用して頂いたお仕事だったため、ここから20%の手数料がひかれます。

つまり、0.6円の仕事の場合、実際の手取り金額は文字単価0.48円に下がるわけですね。

そのためクラウドサービスで新しく営業をするときには、文字単価1円以上の案件から探すようにしています。

 

記事単価は書いた文字数は関係ないのですが、ちゃんとした(あくまで個人の見解です)雑誌社だったり会社だったりすることが多いです。

しっかりと連絡がつながり支払いにおいても安心できますが、あちらの予算の関係で報酬は安いことが多いですね。

 

では、私がなぜ記事単価の依頼を報酬が安くても受けるかといえば、フィードバックをきちんとしてくれるところが多いからです。

やったらやりっぱなしというのが一番力が伸びません。

納品したらそれで終了で、フィードバックがなくそのまま支払いとなるクライアントが相手では、こちらの力が伸びないうえに質が悪いと判断されたときには2度と依頼がくることはありませんよね。

 

だけどきちんとフィードバックをして修正依頼がくるクライアントであれば、こちらも文章力がぐんぐん上がります。

さらにそのクライアントがどのようなものを望んでいるかがわかるため、次回のお仕事を頂けたときにミスが少なくなります。

 

中には報酬は安いけれど、現役編集者が校閲をしてくれるというものもあり、お金を稼げながら勉強までできるというメリットがあるんですね。

ですので、多少単価が安くとも文章力のレッスン付きだと思うと有難いので、依頼を受けています。

 

*フリーのWebライターで年収を上げるには

f:id:sekimeitiko:20210414162656p:plain

 フリーライターで今よりも年収を上げようと思うなら、以下3つの方法があります。

  • 収入源を複数持つ
  • 単価や報酬が高い企業へ営業をかける
  • 単価交渉を行う


収入源を複数持つ

たとえば、ライターだけでなく写真を販売したりイラストを販売したり、書籍を出してみたりオンラインでサロンを開いたりといったことですね。

YouTuber活動やブロガー活動を平行してやっている方も多いです。

私も同じ。

本業はWebライターですが、このブログと他にお城のブログ、DIYのブログを持っています。

 

文章を書くこと以外にも、収入源を持っていれば当然年収は上がりますよね。

自由業ですから文字通り自由にやり、得意なこと、できることで収入源を増やしていきましょう。

会社員と違って掛け持ちばっちこーい! ですし、収入源が他に複数あることは急に稼ぎがゼロになるといった不安もなく、素晴らしいことです。

 

最初は単価が安い記事依頼を受け必死に文章を書いていても、落ち着いてきたら他にもいろんなことを考えていくことがおすすめ。

収入が安定すれば、やはり気持も安定してきます。

 

単価や報酬が高い企業へ営業をかける

フリーライターで年収が高い方は、そもそも単価や報酬が高い企業へガンガン営業をしているものです。

待っていてはよい仕事が来ないのは、会社員でもフリーランスでも同じこと。

特にフリーランスでは、自分からどんどん営業をかけていかないと積極的な同業者に瞬殺されてしまいます。

 

記事単価、文字単価の高い企業、報酬を年単位で契約してくれる企業、そんなところを上手に見つけて電話やメールで自分を売り込んでみましょう。

ある程度鋼の心臓を持ち、100件営業をしたら1件良い返事がある、程度でやってみてくださいね。

お断りされて一々凹んでいては、無駄に時間が経つだけです。

条件のよい1件の仕事には50件~100件くらい応募が殺到する、そう思っていてください(実際にはそこまで倍率は高くないと思いますが、高めに設定しておくほうが落ちたときに気が楽です)。

よい案件は競争が激しいので、落ちて当然。

振り返らず、次へ行きましょう。

 

単価交渉を行う

最初に依頼を引き受けたときには文字単価が低くても、付き合いが長くなるにつれて自然とミスも減り、文章能力は上がってきます。

もう文字単価は上がってもいいだろうと判断したとき、年収が高いライターは臆せずに単価交渉をしていきます。

 

そのためには十分魅力的な文章を書く必要がありますが、申し出れば単価アップにも応じてくれるクライアントはいますよ。

ただしこれは信頼関係がきちんと出来上がっており、さらに相手側に予算が十分あれば、という条件があります。

特に予算は大切。

そもそもお金がなければ、外注ライターへの支払い金額を上げることはできません。

その場合はこちらとしてもどうしようもないので、居心地がよいところであれば現状維持をすることが最善でしょう。

 

単価交渉についてはこちらもどうぞ。

 

*フリーライターで食べていくことは十分可能

Flatlay, ホーム, ガジェット, ラップトップ, 機器, 毎日の生活

 フリーライターといっても種類があります。

しかしどの種であってもそれなりの努力をすれば、これを本業としてご飯を食べていくことは可能です

 

私の様に家族の扶養に入っており、その範囲内で稼ぎたいという方であれば、もっと簡単ですね。

しかし独身の方やシングルマザー・ファーザーなどで自分が世帯主という方でも、文章の勉強をかかさず仕事相手を慎重に選び懸命に努力をすれば、収入はあとからしっかりついてくるはずです。

 

最初は2000文字を調べて書くのに3時間以上かかっていたとしても、慣れれば30分程度でできるようになるでしょう。

そうなれば、時給にすると大いに高いわけです。

もしもすぐに納品できるなら、たくさんの仕事を受けてお金を稼ぐという方法もあります。

ある程度時間に余裕が欲しいなら、午前中しか働かないなど自分で労働時間を決めて単価のよい仕事を取っていきましょう。

 

現在私は、主に午前中と夕方の1時間しか働いていません。

昼食を終えたら昼寝をして、散歩や筋トレをしたのち子供らを迎えて世話をし、また少し仕事をしてから家事を片付けます。

夕食を終えたら仕事をすることは少なく、海外ドラマをみてまったり。

仕事があれば土日も作業するため特に休日は作っていませんが、実際に作業をしているのは月にして27日くらい。

平日の1日に働くのはせいぜい4時間から5時間程度、休日であれば2時間程度です。

それで年収130万円(所得100万円)は、けっこういいんじゃないかなあ~と思っています。

つまり、一般的なパートのお仕事に比べてですね。

時間の拘束がないうえ、家事が好きなときにできる。

基本は一人で仕事なので対人ストレスもほぼありませんしね。

 

私もパニック障害が寛解すれば、夫の扶養から出て全力で稼ぎに入りたいと考えています。

単価が高い仕事を頑張って取って1日に8時間ほどしっかり作業すれば、週に2日休みをとっても稼ぎは上がるでしょう。

が、今はまだちょっと無理をするとうつ状態に戻ってしまうので、ぼちぼちやっていきます。

 

これからフリーライターを目指そうと思っている方の、参考になれば幸いです。

 

*こちらもどうぞ